江の島への近道 湘南モノレール株式会社

第2回

こんにちは。「いい線いってる夜(よ)」です! (ちなみに記事の執筆は、鉄塔の加賀谷が担当しております。)
第1回に引き続き、湘南モノレールの「線」に沿って歩き、それぞれが見つけたいい線をご紹介したいと思います。
前回は主に鉄塔と電線でしたが......

コックさんのドラキュラ?!

ここまで、ゴムホースを全然見つけられていない我々。
ゴムホースを求め、富士見町駅の北西の住宅街へと進んでいく。

石山「なかなかゴムホースないですね〜」

中島「ゴムホースって住宅街に多いので、もうちょっと歩いたら見つかると思うんですが...」

加賀谷「あっ.........!......すみません、また鉄塔ありました...! 」

中島さんは目当てのゴムホースに全然出会えていないのに、私だけ鉄塔を満喫してしまって、なんだか申し訳ない気持ちだ。

iisen_02_01.jpg
ゴムホースの方が絶対数が多いというのに、また鉄塔に出会ってしまった

近づいてみると、会社の敷地内に2基の鉄塔が建っていた。
どうやら1つの鉄塔に複数の路線が通っているようだ。

iisen_02_02.jpg
下の送電線6本は、地上に引き込まれている

全部で12本ついている送電線のうち、上の6本はそのまま次の鉄塔につながっているが、下の6本は地上に引き込まれる線と次の鉄塔に繋がる線とに分かれている。

中島「何を作っている会社なんですかね?大きい!」

加賀谷「何でしょう?めちゃくちゃ電気を使ってるんでしょうね...。」(帰って調べたら、鋳鉄の会社でした!)

鉄塔の左右に伸びる腕のようなパーツは「腕金」と呼ばれ、送電線を支えている。その腕金、普通は上から短い、長い、短いというように、真ん中が一番長くなるように取り付けられるのだが、地上に送電線を引き込む時は一番上からだんだん短くなるように取り付けられる。
その姿がドラキュラがマントを広げている様子に似ているため、鉄塔ファンの間では「ドラキュラ型鉄塔」という愛称で呼ばれている。

鉄塔は無機的な存在なのに、その形を他の生き物に例えることが多く、面白い。

iisen_02_03.jpg
てっぺんの部分に電線が2本取り付けられたものは、コック帽をかぶっているように見えることから「コックさん型鉄塔」と呼ばれる。つまりこの鉄塔は「コックさんのドラキュラ型鉄塔」だ!

団地のゴムホースは、きちんとしてる

工場を通り過ぎると、小さな団地が。

中島「あ! ゴムホースありました。」

中島さんが示した先には団地のゴミ置場が。フェンスで囲まれたその中に、綺麗に収納されたゴムホースがあったのだ。

iisen_02_04.jpg
きちんと手入れのされたゴミ置場に、きちんと片付けられたゴムホース

加賀谷「私も団地に住んでるんですけど、団地って管理の人がきちんとゴミ置場とかを綺麗に維持してくれることが多いから、道具とかが美しく収納されてますよね。」

石山「ホントだ!他のゴミ置場も同じようにゴムホースがぶら下げられてる〜! 」

そのあと見たどのゴミ置場にも、綺麗にまとめられたゴムホースがフェンスにかけられていた。
団地のゴムホースは、きちんとしている。私の生活よりきちんとしているなぁ。

iisen_02_06.jpg iisen_02_05.jpg

同じ道なのに、違う景色

団地で一度ゴムホースを発見して以来、次々とゴムホースが目に入るように。
民家の庭先に、ほぼ必ずと言っていいほどゴムホースがあるのだ。

iisen_02_07.jpg
ゴムホースのお立ち台

iisen_02_08.jpg
嬉しさが有り余る人たち

嬉しすぎて、ゴムホースと記念撮影までした。

加賀谷「ゴムホースハンター・中島!!...みたいな。」

iisen_02_09.jpg

先ほどの団地のゴムホースとはまた違い、民家のホースは無造作に放置されたものも多い。くるくると綺麗に巻かれて片付けられたものもいいが、使ってそのまま放置、リールがあるのに巻き取らない...など、使う人の性格が表れているゴムホースも面白い。

iisen_02_11.jpg iisen_02_10.jpg
青いホースにちょっとだけ緑のホースが継ぎ足されてる!

石山「これ、さっきと同じ道ですよね?」

加賀谷「一周して、ぽりぽり麺を買ったあたりまで戻って来ちゃったんですね。」

石山「同じ道を歩いているのに、行きでは見つけられなかったホースが、帰りには見つけられるのって不思議ですね〜!」

加賀谷「ホントですね。見る方向によってこんなにも目線が変わるとは!」

iisen_02_12.jpg
巻くほどではないけれど、ホースの先端が地面につかないように蛇口に引っ掛ける心遣い

ゴムホースを見ている時、そこに人はいないが、使っている人の姿が目に浮かぶ。
どんな人がどんな風にゴムホースを使っているのか、その答えは知りようもないが、想像しながら風景を見るのが楽しいのだ。

(第3回につづく)

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
中島由佳ポートレート
中島由佳

ゴムホースの写真を撮り続けている写真家。キヤノン写真新世紀 佳作受賞し、展示やトークショー、様々なメディアで一見何でもない物が持つ美しさを発信している。
【2017年】トークショー「別視点ナイト」(東京カルチャーカルチャー)
【2019年】NHK Eテレ「シャキーン!」
【2020年】TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」など

Instagram @nakasmith
Twitter @nakasmith1

加賀谷奏子ポートレート
加賀谷奏子

送電鉄塔を中心に鉄塔をたどり、鉄塔の写真を撮影し、鉄塔をモチーフにした本を作っている。
Instagram @tetto_fan
Twitter @s_abao

石山蓮華ポートレート
石山蓮華

電線愛好家・文筆家・俳優。電線愛好家としてテレビ番組や、ラジオ、イベントなどに出演するほか、日本電線工業会「電線の日」スペシャルコンテンツの監修、月刊『電設資材』連載、オリジナルDVD『電線礼讃』プロデュース・出演。
音楽誌やウェブに連載・寄稿するほか、俳優として映画や舞台、CM等にも出演。
Instagram @renge_ge
Twitter@rengege

著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
喜清みずほポートレート
失われた 記憶をたどる まぼろしの遊園地「江の島龍口園(えのしまりゅうこうえん)」
喜清みずほ
鎌倉観光ボランティアガイド
宮田珠己(龍口寺編)ポートレート
龍口寺の龍と、謎の仏像
宮田珠己(龍口寺編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
加門七海ポートレート
江の島怪談闇歩き
加門七海
作家
中野純ポートレート
江の島怪談闇歩き
中野純
負の走光性がある、闇歩きガイド
髙山英男ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
髙山英男
中級暗渠ハンター(自称)。
吉村生ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
吉村生
暗渠マニアックス
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
西村まさゆき(駅名編)ポートレート
湘南モノレール「駅名」ルーツをたどる旅
西村まさゆき(駅名編)
石山蓮華ポートレート
いい線いってる夜
石山蓮華
電線愛好家
中島由佳ポートレート
いい線いってる夜
中島由佳
ゴムホースマニア
加賀谷奏子ポートレート
いい線いってる夜
加賀谷奏子
サンポー編集部ポートレート
しょもたんの完全一致を探す散歩
サンポー編集部
散歩の横好き集団
中野純(鎌倉大横断編)ポートレート
鎌倉大横断ミッドナイトハイク
中野純(鎌倉大横断編)
負の走光性がある、闇歩きガイド
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)