江の島への近道 湘南モノレール株式会社

kamon1_01.jpg

「昔、庚申待(こうしんまち)という行事がありました。人間の体の中には三尸(さんし)の虫と呼ばれるモノがいて、いつも人の行動を監視している。三尸の虫は庚申の晩、人が寝ている間に天に昇って、その人の日頃の行いを神に告げるんです。報告次第では寿命が縮められてしまう。それを阻止するために人々は庚申の晩に集まって、祈ったり酒盛りをしたりして徹夜をした。これが庚申待という行事です。徹夜をすることで、寿命が延びる。つまり一年三百六十五日ずっと規則正しく同じリズムで生活するより、たまに徹夜をしてわざとリズムを崩し、次の日からまた規則正しい生活に戻るほうが、絶対に健康にいいんですよ。ずっと同じリズムで生活すると、気づかないうちにストレスが溜まっていく。たまに徹夜をすればそれでリセットされて、活力を得られ、生活を再起動できる。ゆえに、ときどき徹夜をするのは健康にいいというのが私の持論です」

 すっかり暮れた江の島御岩屋道(おいわやみち)通りの石段手前、群猿奉賽像庚申塔(ぐんえんほうさいぞうこうしんとう)の前に立ち、中野純氏はこう語った。
 後ろでは、私とツアーの常連さんが「個人の感想です」などと忍び笑っていたけれど、あながち嘘ではないだろう。

 中野氏と私加門七海がなんとなく始めた「怪談闇歩き」は、年に一二回、気が向いたときにやるというだらだらさ加減ながら、もう七回も続いている。
 怪談闇歩きというのは、さまざまな夜を歩きつつ、歴史や伝説、少し怖い話をしたり、闇の中で遊んだりするツアー。心霊スポット巡りでもないし、怪談語りのプロもなく、これまただらだらしているのだが、それでも人は集まってくれる。
 理由はやはり、夜闇を歩くという非日常を体験できるからに違いない。

 庚申待の徹夜もまた、非日常の空間だ。
 常の世界では、せいぜい私的な行為に過ぎない夜明かしに、公の大義名分を与えて愉しむことこそが、正常な日常をリセットする。
 ついでではダメ。徹夜そのものを目的とするのが重要だ。
 寺山修司も言っている。
「闇はつねにアナーキーである。」
 怪談闇歩きならば、夜の中を団体で歩き、語り、お弁当を食べる。
 はたから見れば、闇を愉しむ我々こそが百鬼夜行(ひゃっきやこう)に見えるという、その逸脱が大切なのだ。

kamon1_02.jpg


 行楽客で賑わう夏の江の島も、夜はほとんど、ひと気がない。
 七月十八日の夕刻、我々は湘南モノレール「湘南江の島駅」に集合した。
 風の通る五階のルーフテラスから見晴らす景色も清々しい。

 今日という日に決めたのは、満月に近い十六夜(いざよい)だったからにほかならない。しかし、天気は生憎(あいにく)の曇り。梅雨が明けてなかったこともあり、雨が降り出す心配もあった。
「月が拝めるといいよねえ」
 そんなことを話しつつ、私たちはまず龍口寺に向かった。
 総勢二十名と少し。今回は作家の宮田珠己さんも同行し、常連初参加取り混ぜての道中だ。

 コースは龍口寺(りゅうこうじ)に寄って江の島に渡り、まずは西浦港へ。そこから浜を上がって杉山和一(すぎやまわいち)の墓がある西浦霊園、冒頭に語った庚申塔から江島神社奧津宮(おくつみや)。山二つの風を浴び、中津宮(なかつみや)から児玉神社(こだまじんじゃ)、そうして民家の間を縫って海辺から聖天島へと巡る。

 ツアータイトルは「加門七海+中野純の江の島"そこ行く?"ムーンライズウォーク」。代表的な観光地をほとんど無視して「そこ行く?」という場所ばかりが選ばれている。
 駅から江の島弁天橋に至る道すら、メインストリートを嫌って境川沿いを歩くのだ。江の島初上陸の参加者にははなはだ気の毒なコースだが、我々の目的は「観光」ならぬ「観闇」、そして怪談にある。キトキトのお魚が食べられずとも、文句を言う人はいない。

 大体、店はほぼ閉まる時間だ。最初に訪れた龍口寺も既に本堂の扉は閉ざされていた。

kamon1_03.jpg

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
中野純ポートレート
中野純
体験作家、闇歩きガイド。「少女まんが館」共同館主。地獄のファーストレディ、奪衣婆を偏愛。霞ならなんでも食う。おもな著書に『「闇学」入門』(集英社新書)、『闇と暮らす。』(誠文堂新光社)、『庶民に愛された地獄信仰の謎』(講談社+α新書)、『東京洞窟厳選100』(講談社)、『闇を歩く』(光文社 知恵の森文庫)、『月で遊ぶ』(アスペクト)、『少女まんがは吸血鬼でできている』(大井夏代との共著、方丈社)、『東京サイハテ観光』(写真/中里和人、交通新聞社)などがある。
ツイッター 
https://twitter.com/_NakanoJun_
加門七海ポートレート
加門七海
東京生まれ。朝日ソノラマ文庫にてデビュー。怪談、オカルト、民俗学。最近は着物にはまっている。著書多数。近刊は『着物憑き』(集英社)
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
喜清みずほポートレート
失われた 記憶をたどる まぼろしの遊園地「江の島龍口園(えのしまりゅうこうえん)」
喜清みずほ
鎌倉観光ボランティアガイド
宮田珠己(龍口寺編)ポートレート
龍口寺の龍と、謎の仏像
宮田珠己(龍口寺編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
加門七海ポートレート
江の島怪談闇歩き
加門七海
作家
中野純ポートレート
江の島怪談闇歩き
中野純
負の走光性がある、闇歩きガイド
髙山英男ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
髙山英男
中級暗渠ハンター(自称)。
吉村生ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
吉村生
暗渠マニアックス
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
西村まさゆき(駅名編)ポートレート
湘南モノレール「駅名」ルーツをたどる旅
西村まさゆき(駅名編)
石山蓮華ポートレート
いい線いってる夜
石山蓮華
電線愛好家
中島由佳ポートレート
いい線いってる夜
中島由佳
ゴムホースマニア
加賀谷奏子ポートレート
いい線いってる夜
加賀谷奏子
サンポー編集部ポートレート
しょもたんの完全一致を探す散歩
サンポー編集部
散歩の横好き集団
中野純(鎌倉大横断編)ポートレート
鎌倉大横断ミッドナイトハイク
中野純(鎌倉大横断編)
負の走光性がある、闇歩きガイド
森川天喜ポートレート
湘南モノレール全線開通までの全記録
森川天喜
フリージャーナリスト
しょもたんポートレート
モノレールの運転士さんや駅員さんの話をきいてみよう!
しょもたん
湘南モノレールのマスコットキャラクター。
森川天喜(今昔写真撮影隊)ポートレート
湘南モノレール沿線 今昔写真撮影隊!
森川天喜(今昔写真撮影隊)
フリージャーナリスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)