江の島への近道 湘南モノレール株式会社

ここは横須賀 横須賀水道みち-後編

夢中になってスマホで写真を撮っていたら、近くを通りがかった赤ちゃん連れのママさんに「何を撮ってるんですか?」と声をかけられた。境界杭のことを話すと、近所に住んでいるけど知らなかった、と言う。

自分もこの通りは何度か通っているが、境界杭について気に留めたことはなかった。でも、事前知識をもって見てみると、それほど影が薄い、というわけでもない。

その証拠に、次の写真を見てほしい。こうやってみると、なかなかの存在感ではないだろうか。

012.JPGどんっ。

大きな道路(県道304号腰越大船線)と交差する位置にあるからだろうか。胸を張って堂々と立っているようにみえる。知らないで見たら、鎌倉市なのに「横須賀市」だなんてどういうことだろう、と思うに違いない。

さて、県道を横断して、さらに進もう。道はまだまだ続いている。

013.JPG「水道部」ななめバージョン。

この先には車止めがあり、そこにぶらさがっていた投棄禁止の看板には「この土地は、横須賀市上下水道局の管理用地です」とハッキリ宣言されていた。

014.JPG投棄禁止 by 横須賀市。

そして横にはこんなものも。

015.JPG「変質者に注意」。

すぐそばにあった境界杭もこんな感じで、この一角だけなんだか荒廃したイメージ。

016.JPGもう横須賀でも鎌倉でもどうでもいいのよ、みたいな。

ここを過ぎると、境界杭がたくさん見られるようになってきた。

017.JPG「水道局」。

018.JPG鎌倉市の市章も。

019.JPGアイビーとゴールドクレストに見えなくもない雑草に囲まれてちょっとガーデン風。なんとなく前に石を置いてみたりして。

020.JPG上からみると「境界 横須賀市上下水道局」と書かれたプレートが。

021.JPGまたもや投棄禁止に関する看板。録画中。

さて、道路はここまで。ここからは舗装されていない道になり、突き当たりには柏尾川。その先に続くのは、水管橋だ。

022.JPG水管橋。これを通って、向こう岸からここまで水がきていたのか。

023.JPG看板には「横須賀市水道局」の文字。

境界杭探しにばかり夢中になっていたけど、ここにきてようやく「水道みちを歩いてきたんだ」ということを思い出した。

向こう岸のさらに先をたどっていくとすると、藤沢市を通過して綾瀬市、海老名市、厚木市、そして水源のある愛川町へつながっているはずだ。逆に、今歩いてきた道を引き返すと、その先は、長谷、材木座を通って逗子市を通過し、最終的には横須賀市の逸見浄水場へ。

横須賀軍港水道(半原系統)は「自然流下方式」(標高差約70m)、つまり、ポンプなどを使わずに、地盤の高低差だけで水を送るしくみだったらしい。約53㎞もの距離があるのにそんなことが可能なのか...素人には全く想像が及ばない。

今回歩いてきた道と同様、鎌倉市の材木座から大町にかけても、昔ながらの境界杭が残されている区間があるようだ。来た道を戻って、横須賀軍港水道の足跡を探しながら終点の横須賀まで歩いてみる、というのもいいかもしれない。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
湘南モノレールが沿線の知られざる魅力を紹介します。
駅からノラーリ・クラーリと歩き出せば、必ず見つかる魅惑のスポット。
モノ散歩の世界へようこそ。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)