江の島への近道 湘南モノレール株式会社

モノレールの上の森 片瀬山公園

湘南モノレールから歩いていける森めぐり、次なる目的地は片瀬山公園。目白山下駅のすぐ脇に入口がある、モノレール沿線でも駅から一番近い公園だ。

入口の案内板によれば、片瀬山はもともと「竜口山」と呼ばれていたらしい。

2-1.JPG案内板

昔々このあたりを荒らしていた竜が改心し、村を守るために山になったという言い伝えがあるとのこと。

また案内板によると、ここには昭和初期に「竜口園」という遊園地があり、6階建ての展望台や動物園もあったそうだ。

2-2.jpgネットで「竜口園」のポストカードを見つけ入手。展望台らしき塔が写っている!

私の父は昭和30年代に腰越に住んでおり、このあたりにもよく来ていたそうだが、当時は遊園地や動物園の跡形もなかったとのこと。今のような住宅街でもなく、原っぱが続いており、子どもたちの格好の遊び場だったそうだ。

いろいろな歴史のある片瀬山公園だが、見どころはなんといっても、湘南モノレールがこの山の中のトンネルを通っていることだ。普段は下から見上げるばかりのモノレールだが、ここ片瀬山公園では、モノレールの上を堂々と歩けるのだ。さながらモノレールの線路は竜の背骨といったところだろうか。駅を出て公園の入口へ向かう途中、モノレールがトンネルに吸い込まれていく様子も見られて、迫力満点だ。

2-3.JPGトンネルにつながるモノレールの線路

公園の入口付近の広場では、親子連れが集まって何かレクリエーションをやっていた。子どもたちの横をすみませんねと横切り、園内を奥に進んでゆく。散策路は広々しており、外から見ると鬱蒼とした森なのかなと思ったが、公園内は意外にもゆったりとした雰囲気だ。

そしてここでもやはり目がいってしまうのは、樹。

2-4.JPG戦隊モノの敵役で登場しそうな樹

2-5.JPG階段にちょっかい出す根っこ

2-6.JPG根元に潜むタコっぽい何か

樹の中でもとくに目がいってしまう部位は、根っこだ。アメーバのような変幻自在な姿形。フリーダムなこんがらがり具合。ふいに土の中からひょいっと顔を出すいたずらっぽさ。たまらん。

2-7.JPG雲海みたいな根っこ

2-8.JPGこういう地面にちょろっと出てしまった根っこ、かわいい。

「樹」という概念をいったん忘れて、しげしげとこれらの物体を眺めてみると、ふと別の星に降り立ち新種の生命体に遭遇してしまったような感じを味わえ楽しい。

足元には竜が控えており、かつては動物園があった片瀬山公園。思わずウネウネ動き出しそうな、個性あふれる樹の宝庫だった。

遠くの方から、なにがしかのレクリエーションに勤しむ親子のほのぼのとした笑い声が聞こえ、我に帰る。

ひとけのない園内。樹を舐め回すように目で追いながらひとり興奮するわたしは、不審者極まりないではないか。

親子の楽しい思い出に傷をつけるのも忍びないので、ひっそりと公園をあとにした。

-----------------------------

片瀬山公園

所在地:藤沢市片瀬3丁目2800

アクセス:湘南モノレール目白山下駅から徒歩1分

開園時間:常時開放

-----------------------------

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
村田あやこ(続編)ポートレート
村田あやこ(続編)
路上園芸鑑賞家。福岡県生まれ。大学では地理学を学ぶ。街角の園芸活動や植物に魅了され「路上園芸学会」を名乗り魅力を発信。植物への興味が尽きず園芸装飾技能士の資格も取得。『街角図鑑』(三土たつお編著・実業之日本社、2016年)に路上園芸のコラムを寄稿。好きな植物はアロエ、シェフレラなどの丈夫な熱帯植物。TwitterInstagram @botaworks
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)