江の島への近道 湘南モノレール株式会社

広町緑地で生き物探し(冬)-後編

図鑑で見た記憶にある姿かたちと似ているようだ。それに、餌といわれるカワニナに頭をつっこんでいるではないか。もし本当にそうだったら...実物にお目にかかったのは親子ともに人生初だ。これはすごいぞ。

逃げる気配も全くなかったので、手でそっとすくってみようとしたところ、「俺が!」と横取りされてムッとした。発見者だから仕方ないが。

プラケースに入れた様子がこれ。

008.jpgむっちりしたお姿

あとで管理棟に寄って正体を確かめようと写真を撮っていると、息子が川からまた何か捕まえてきてポイっと入れた。

009.JPGイトトンボのヤゴ追加。と、おまけのカワニナ。

010.JPG田んぼ脇の川。

ところで、生き物を捕まえた時の親子のルールがある。

「捕ったものは捕った場所に逃がす」というものだ。

小さい時は難しかったが、今はほぼ守れるようになった。あとでゆっくり観察してから川に戻そう、ということになり、この場にプラケースを置いたまま先に進むことにする。

御所川ではまた違うヤゴを捕まえた。

011.JPG死んだフリ

コシボソヤンマのヤゴだ(多分)。手の上にのせるとクルッと反り返り、死んだフリをする。

背筋が強いねーなんて盛り上がっていたら、入口方向から歩いて来た御一行様に声をかけられた。

「あの...田んぼにプラケースお忘れじゃないですか?」

はい、お忘れというか、置き去りにしてきました。

「あの中に入っていたのは、ゲンジボタルの幼虫ですね」と教えてくれる。

あぁ...、あれはやっぱりホタルの幼虫だったのだ!!

喜びを十分に噛みしめる。

ところで、この方々はこれから調査に行くところだという。広町は都市林だ。都市林とは「主として動植物の生息地または生息地である樹林地等の保護を目的とする都市公園」のことをいうらしい(参照:鎌倉市ホームページ)。つまり、広町は手付かずの自然ではなく、人により管理されている自然。ここの豊かな生態系は、こういう方たちをはじめ多くの人々により保たれ、守られているのだ、ということを肝に銘じる。

さて、ここからがいよいよ本日のメインイベント、カマキリのたまご探しだ。

「誰かが見つけたと言っていたのは、確かこのあたりだと思うけど」という場所を探すと...

012.JPG発見!第一号(オオカマキリのたまご)

他にもないかな、とさらにキョロキョロすると...

013.JPGあった

014.JPGここにも

015.JPGまだまだ

まさにカマキリ(のたまご)天国。

全部でゆうに10個以上は見つけただろうか。

一度にこの数に出会うことはなかなかないかもしれない。

この結果に満足し、ふぅっと一息つく。

我に返ると、ここには日差しがたっぷり降り注ぎ、家の中にいるよりよっぽど暖かいことに気付く。そして、空も広くて青い。

016.JPGいい休日だ

Uターンして先ほどの場所に戻り、ホタルの幼虫をじっくり観察したあとリリースした。

「オトナになる頃にまた会いに来よう」

「また俺たちに捕まっちゃうかもね」

先ほどの方たちに聞いた話によると、ゲンジボタルは早ければ桜の散る頃から見られるらしい。そして、まずは入口側(管理棟に近いところ)から出現し、時期が遅くなるにつれて奥地でみられる傾向にあるらしい。

歩いていると、桜の木にまたカマキリのたまごを発見した。今度はさっきのより小さくて細長い。違う種類のものなのだろう。

017.JPG春までご安全に

管理棟まで戻ってきたら、さっきの続きをまたやろうと誘われた。ほらほら、追いかけてごらん、とばかりに挑発してくる。

「虫を探す目」はとっくに追い越されているけど、走りではまだ負けていない...はずだ。大人の本気の走りを見せてやろう。

018.jpg
おまけ:広町で出会ったカマキリ(コカマキリ)2017年初冬撮影

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
湘南モノレールが沿線の知られざる魅力を紹介します。
駅からノラーリ・クラーリと歩き出せば、必ず見つかる魅惑のスポット。
モノ散歩の世界へようこそ。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)