江の島への近道 湘南モノレール株式会社

やっぱ懸垂式でしょう!

001.jpg
なつかしの湘南モノレール500形!2004年の撮影

世の多くの人々は、乗り物はなるべく揺れないことが望ましいと思っているらしく、いかに揺れを抑えるかに主眼が置かれて発達してきたのが乗り物の歴史である(スピードが主眼という気もするけど)。われわれ現代の人の感覚からすると、江戸時代の駕籠なんて乗り物はもうめちゃくちゃに前近代的、原始的な乗り物で、乗り心地なんかも劣悪そうな気がするのだけど、実は他の乗り物である馬の背中とか牛車とかに比べ、とても乗り心地がよかったらしいと、最近なにかで読んでびっくりした。

考えてみれば、乗馬などは疾走する動物の骨格の動きがそのままお尻に突き上げてきたりとか、かなり野蛮である。牛に引かれたとしてもゴムタイヤやサスペンションのない木製の車輪である。ぜったいに脳天までゴツゴツな振動が伝わってくる。そんなのに比べれば、ふたりの駕籠かきのしなやかな人体と横に渡された太い竿(あれは何と呼ぶのか)が振動を吸収してくれるわけで、駕籠は当時達成可能な最高の乗り心地を実現していたのである。わたしは駕籠も馬の背も牛車も実際に乗ったことがないけれど、この比較はまちがってないような気がする。

モノレールの話をするのになぜ駕籠の話から始まるのかというと、それはここで語りたいモノレールが懸垂式に限られるからである。駕籠の人の乗る箱の部分は竿にぶら下がっており、懸垂式モノレールの人の乗る箱の部分もまたぶら下がっている。時代をはるかにへだてて、このふたつの乗り物は物理的にとても似ている。いや、単に物理的に似ているとかそういう問題ではない。ここで重要なのは揺れをポジティブな価値と考えるという気持ちの余裕であり、要するに「味わいのある乗り物」というあり方こそが似ているのである。

007.jpg
すてきなぶら下がりっぷり♡(湘南モノレール)

さて、その味わい深い懸垂式モノレールであるが、2017年現在、日本国内にはわれらが湘南モノレールを含む4路線が活躍している。こういうことを自慢するのもどうかと思って日頃から遠慮してきたのだが、ここでははっきり言わせてもらう。わたしはその4路線全部に乗ったことがあります! ああすっきりした。

すっきりしたついでに言ってしまうと、廃止路線の保存車両を見に行ったこともあるし、懸垂式の元祖、ドイツのヴッパータールのモノレールにも乗りに行った(しかも3度も)。自分ではあまり意図的ではなかったのだが、わたしはいつのまにか懸垂式マニアだったらしい。なぜそんな一歩引いた言い方になるのかというと、訪ねた懸垂式の半数以上が動物園に行く手段であったためである。わたしにとって懸垂式は目的ではなく手段なのだった。ちょっと申し訳ない気もするけどまあいいか。

今回、湘南モノレールそのものの魅力は強力なライターさんたちが手を替え品を替え紹介してくれるそうなので、わたしは援護射撃というか、懸垂式全体の魅力をアピールしてみようと思う。

一口に懸垂式と言っても軌道と車両の構造によって分類される。湘南モノレールと千葉都市モノレールが採用しているのはサフェージュ式というタイプだ。てっきりサフェージュさんという人が発明したものだと、ずっと信じていたらまるでちがってた。この方式を開発したフランスの共同事業体の正式名称がえらく長ったらしいので、頭文字を並べてSAFEGEと呼んだものらしい。でもなんかおしゃれ。サフェージュ、フランスの風を感じないか。

006.jpg
サフェージュ式(湘南モノレール)単線ですっきり。柱がずっと片持ちなのに傾かないのは不思議

002.jpg
サフェージュ式(千葉都市モノレール)1列の柱で複線を抱えこんで大変そう

で、そのサフェージュ式の最大の特徴はというと、走行装置がすっぽり箱型の「軌道桁」という、要するに下が開いた箱がびろーんと伸びたようなものに収まっている点である。おかげで雨が降ろうが雪が積もろうがおかまいなく、常に安定した走りが約束されるという。では下から吹き込むような雨にはどうなのか?とか考えるけど、そんな雨になるような日は横風もめちゃくちゃ強いのであるからぜひ運行自体を休んでほしい。

悪天候に対する強さって、凍結したり雪深かったりする地方ではものすごいメリットになるはずなんだけど、日本でサフェージュ式が走っているのはなぜか湘南と千葉。どちらも日本でも指折りの温暖な土地であり、そんなマイルドな気候で花開いてていいのかとも思う。サフェージュ本来の強みを見せつけてやれてないのは、他人事ながらくやしい。

ところでさっき廃止になった懸垂式の路線があると書いたけど、実はそれが日本初のサフェージュ式だった。名古屋は東山公園の、動物園と植物園を結んで開業したのに、わずか10年で廃止になってしまった路線である。その車両は今でも東山動物園内に静態保存されているので、懸垂/サフェージュ好きはぜひお参りに行ってほしい。ちなみに現在園内で運転されている二代目モノレールは跨座式の遊園地レベルの車両で、営業距離こそ初代より長いものの、本気度に欠ける気がする。あいつ跨座式にしてからダメになったよな、みたいな感じだろうか。(つづく)

005.jpg
サフェージュ式(東山公園モノレール)静態保存なので動きません

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
佐藤淳一ポートレート
佐藤淳一
土木構造物と動物という、かけ離れた領域をうろうろするあまり類を見ない写真家。武蔵野美術大学デザイン情報学科教授。2008年宮城県芸術選奨受賞。著書に「恋する水門」、「ドボク・サミット」、「カワウソ」などがある。
「タモリ倶楽部」に出演したこと、「東京スポーツ」で連載を持ったこと、ズーラシアと海遊館で写真展を開催したことが自慢。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)