江の島への近道 湘南モノレール株式会社

沿線情報

<湘南町屋>期間限定!鎌倉中央公園の半夏生

沿線情報

鎌倉中央公園の湿生花園では、もうすぐ「半夏生(はんげしょう)-カタシログサ」が見頃を迎えます!

名前の由来は、半夏生(夏至から11日目、今年は7月2日がそれにあたります)の頃に花を咲かせることから。他にも、葉の片面だけがお化粧をしたように白くなる様子「半化粧」からきている、という説もあります。

★03IMG_1547.jpg
ペンキを塗ったかのような真っ白さ。細長いものが花のつぼみ。もうすぐ開花かな?

★03yaR0012443.JPG
花が咲くとこうなる!(過去の写真)

★IMG_1544.jpg
湿生花園の半夏生は栃木県からやってきたそうです。公園内「ししいし」のあたりに生えている半夏生は、野生のものだそうです。

★IMG_1598.jpg
6/11撮影。お化粧前はこんな感じです。

★02IMG_1568.jpg
▼取材に行った日は、梅雨の合間のいい天気!絶好の「鎌倉中央公園日和」でした。

★04IMG_1564.jpg
オオシオカラトンボと追いかけっこ。
★IMG_1569.jpg
湿生花園の先にある下池にはカメがたくさんいました♪

★IMG_1571.jpg
ししいし。名前の由来はイノシシに似ているから、とのことです。

★IMG_1579.JPG
ししいしの裏には野生の半夏生が。
自然な状態で生えているので、葉っぱも虫に食われていたりと少々ワイルドな姿。でも、美しさにかわりはありません。触ってみたら、白い葉と緑の葉の触り心地がなんとなく違うような?気のせいでしょうか。ドクダミ科なので、傷をつけると独特のにおいがするそうです。この場所以外にも、野生の半夏生は数か所で見られるとのこと。公園内を散策しながら探してみてくださいね。

★IMG_1585.jpg
樹液のでる木にいたカナブン。

★IMG_1597 (1).jpg
紫陽花も見頃ですよ!

ハッとするような真っ白さが緑に映えてとても涼しげです。この白色に誘われてきたのか、モンシロチョウが周囲をたくさんとんでいたのが印象的でした。

ラスト.jpg

このシーズン、お見逃しなく!

ちなみに、白くなった葉は、花の終わりとともに再び緑色になるそうですよ。


湘南モノレール「湘南町屋」駅から徒歩10分

■鎌倉中央公園
http://kamakura-park.com/go/central_park/
電話番号:0467-45-2750
住  所:鎌倉市山崎1667