江の島への近道 湘南モノレール株式会社

第三回 "神奈川県の宝"・大船系品種② 花菖蒲編

6月某日。大船フラワーセンターのホームページで、花菖蒲が見頃との情報をキャッチし、再びフラワーセンターを訪れた。
ちょうどこの日は、園長に園内の植物を案内していただける「花さんぽ」の開催日。30人ほどの参加者が、園長のガイドのもと園内の植物を見物した。常連参加者もおり、結構人気のイベントのようだ。
スイレンやアジサイ、バラなどの見頃を迎えた植物の中でも、特に目を奪われたのが花菖蒲だ。

murata3-1.jpg
写真1:大船フラワーセンターの花菖蒲園

エントランスを入って右手に、園内の奥まで続く帯状の花菖蒲園があり、色とりどりの花菖蒲がみずみずしく咲いていた。
ここに植えられた約120品種のうち約半数が、大正時代にこの地で育種された「大船系」の花菖蒲だ。
10年前から「大船系」花菖蒲の品種を保存・管理している玉川大学農学部の田淵俊人教授のご協力のもと、「大船系」花菖蒲の特徴や魅力に迫った。

murata3-2.jpg
写真2:大船フラワーセンターの花菖蒲園

まず花菖蒲のルーツは、野生のノハナショウブを改良した園芸品種。
野生のノハナショウブは、氷河期に生まれた植物で、日本国内では北海道から九州まで広い範囲に自生する。水辺を好む花菖蒲は水田の付近に植えられることが多く、稲作文化と深く結びつき古くから愛でられてきた。

園芸品種である花菖蒲の品種改良が進んだのは江戸時代。徳川家康、秀忠、家光の三代将軍が花好きだったこともあり、江戸に各地のノハナショウブが集まり、それをもとに花菖蒲が育種・栽培された。特に「菖翁」こと松平左金吾氏は、300もの品種を作り出したそうだ。
当時湿地の多かった下町ゼロメートル地帯に、堀切菖蒲園をはじめ多くの菖蒲園が作られ、「菖翁花」をはじめ江戸で育種された花菖蒲が植えられた。
当時江戸の地で育種された花菖蒲は「江戸系」と呼ばれる。
菖蒲園に植えて鑑賞するため、水平に広がる平咲きが多いのが、「江戸系」花菖蒲の特徴だ。

murata3-3.jpg
写真3:江戸系品種の"江戸自慢"(玉川大学農学部・田淵俊人研究室ホームページより)

同時代に、肥後や伊勢でも独自の特徴を持つ花菖蒲が育種され、それぞれ「肥後系」「伊勢系」と呼ばれている。
「肥後系」花菖蒲は、菖翁が自作の品種を熊本に送ったのが始まりとされている。武士道の文化と結びつき、座敷に置いて金屏風を背にして鑑賞するので、大輪で豪華な花型が特徴的だ。

murata3-4.jpg
写真4:肥後系品種の"三国山"(玉川大学農学部・田淵俊人研究室ホームページより)

「伊勢系」花菖蒲は、地元のノハナショウブをもとに育種されたと言われている。地元では、ノハナショウブは伊勢神宮に入る巫女が修行する「斎宮」のそばに自生し、神道と結びついて愛でられてきた。垂れ下がる花型で、おしとやかで清楚なイメージが特徴的だ。

murata3-5.jpg
写真5:伊勢系品種の"乙女"(玉川大学農学部・田淵俊人研究室ホームページより)

「江戸系」は一般庶民が菖蒲園で自由に鑑賞できた一方、「肥後系」「伊勢系」はいずれも門外不出として、昭和になるまで一般に知られることはなかった。
これらの「江戸系」「伊勢系」「肥後系」の三つの品種は、花菖蒲の中でも「古花」と言われる。一方、戦後これらの品種を自由にかけあわせて作られた品種は「新花」と呼ばれる。

大正時代に国策として育種された「大船系」花菖蒲は、稲作文化と結びついた「江戸系」、武士道と結びついた「肥後系」、神道と結びついた「伊勢系」とは異なり、国際化という当時の時代背景と結びついた育種が行われた。「古花」と「新花」の間にある、独特の立ち位置の花菖蒲だ。
育種の中心人物は、当時の神奈川県立農業試験場長の宮澤文吾氏。当時入手可能だった「江戸系」の品種を掛け合わせて、わずかな期間で約300もの品種が育成された。
「江戸系」がベースとなっているものの、はっきりした色味の江戸系とは異なり、全体的に淡い色合いなのが魅力だ。

murata3-6.jpg
写真6:大船系品種の"夕陽"。平咲きの六英花(花被の枚数が六枚)。(玉川大学農学部・田淵俊人研究室ホームページより)

murata3-7.jpg
写真7:大船系品種の"薄雲"。白地に青紫色の砂子模様があるのが特徴的。(玉川大学農学部・田淵俊人研究室ホームページより)

murata3-8.jpg
写真8:大船系品種の"朽葉"。茶味がかった紫色は、江戸・肥後・伊勢のいずれにもない色味だという。(玉川大学農学部・田淵俊人研究室ホームページより)

「大船系」花菖蒲のもう一つの魅力は、情緒のある品種名。宮澤文吾氏によって、源氏物語に登場する言葉が品種名になったとのことだ。
自由で民主的な大正時代の空気を反映し、海外輸出目的とはいえど、海外好みに合わせるのではなく、それまで日本で育種された花菖蒲の特徴や、日本の感性を織り込んだ独自の品種改良が行われた。

murata3-9.jpg
写真9:大船系品種の"心の色"。大船フラワーセンターにて撮影。

murata3-10.jpg
写真10:大船系品種の"賎が家居"。大船フラワーセンターにて撮影。

murata3-11.jpg
写真11:大船系品種の"花の都"。大船フラワーセンターにて撮影。

大正初期には300もの品種があった「大船系」花菖蒲だが、その後の戦争などで品種ががくっと減ってしまった。品種が消滅しつつある状況を危惧し、約10年前に、玉川大学農学部の田淵俊人教授により、残存品種の株分け分が学内の農場に移転された。
以来「大船系」花菖蒲は順調に育成し、保存されている。

murata3-12.jpg
写真12:開花時期になると、研究棟のエントランスに、開花した花菖蒲が飾られる。

国際化という時代背景のもと、それまでの伝統的な花菖蒲の特徴を取り入れながらも、新しいエッセンスが加えられ、独特な品種改良が行われていた「大船系」花菖蒲。
そんな「大船系」花菖蒲が見られるのは、現在大船フラワーセンターと玉川大学のみだという。
田淵教授曰く、一度枯れてしまったらその品種は消滅してしまうとのこと。品種を受け継ぐとは、本当に大変なことなのだ。
希少な「大船系」花菖蒲、ぜひとも残存しているうちに実際に見に行ってみることをおすすめしたい。

murata3-13.jpg
写真13:玉川大学内で保存されている大船系品種"空の光"

murata3-14.jpg
写真14:玉川大学内で保存されている大船系品種"曙"

murata3-15.jpg
写真15:玉川大学内で保存されている大船系品種"難波津"

第二回・第三回の記事では、大正時代に大船フラワーセンターの地で独自に育種された「大船系」植物について触れた。
次回最後の記事では、戦後に園内で自然交雑から偶然生み出され、地元の人の手で周辺地域に広がっていった「玉縄桜」について触れてみたい。

<続く>

取材協力:

玉川大学農学部教授 田淵俊人先生

参考文献・ホームページなど:

・玉川大学農学部田淵俊人研究室ホームページ
http://www.tamagawa.ac.jp/agriculture/teachers/tabuchi/index.html

・『日本園芸界のパイオニアたち―花と緑と、20の情熱』(椎野昌宏・淡交社)

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
村田あやこ(大船系植物編)
路上園芸鑑賞家。福岡県生まれ。大学では地理学を学ぶ。街角の園芸活動や植物に魅了され「路上園芸学会」を名乗り魅力を発信。植物への興味が尽きず園芸装飾技能士の資格も取得。『街角図鑑』(三土たつお編著・実業之日本社、2016年)に路上園芸のコラムを寄稿。好きな植物はアロエ、シェフレラなどの丈夫な熱帯植物。TwitterInstagram @botaworks
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
喜清みずほポートレート
失われた 記憶をたどる まぼろしの遊園地「江の島龍口園(えのしまりゅうこうえん)」
喜清みずほ
鎌倉観光ボランティアガイド
宮田珠己(龍口寺編)ポートレート
龍口寺の龍と、謎の仏像
宮田珠己(龍口寺編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
加門七海ポートレート
江の島怪談闇歩き
加門七海
作家
中野純ポートレート
江の島怪談闇歩き
中野純
負の走光性がある、闇歩きガイド
髙山英男ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
髙山英男
中級暗渠ハンター(自称)。
吉村生ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
吉村生
暗渠マニアックス
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
西村まさゆき(駅名編)ポートレート
湘南モノレール「駅名」ルーツをたどる旅
西村まさゆき(駅名編)
石山蓮華ポートレート
いい線いってる夜
石山蓮華
電線愛好家
中島由佳ポートレート
いい線いってる夜
中島由佳
ゴムホースマニア
加賀谷奏子ポートレート
いい線いってる夜
加賀谷奏子
サンポー編集部ポートレート
しょもたんの完全一致を探す散歩
サンポー編集部
散歩の横好き集団
中野純(鎌倉大横断編)ポートレート
鎌倉大横断ミッドナイトハイク
中野純(鎌倉大横断編)
負の走光性がある、闇歩きガイド
森川天喜ポートレート
湘南モノレール全線開通までの全記録
森川天喜
フリージャーナリスト
しょもたんポートレート
モノレールの運転士さんや駅員さんの話をきいてみよう!
しょもたん
湘南モノレールのマスコットキャラクター。
森川天喜(今昔写真撮影隊)ポートレート
湘南モノレール沿線 今昔写真撮影隊!
森川天喜(今昔写真撮影隊)
フリージャーナリスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)