江の島への近道 湘南モノレール株式会社

湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く(1)

■鎌倉の巨大ヤギ

鎌倉に体長2kmのヤギが生息しているのをご存じだろうか。下の写真がそれだ。

ohyama_00.jpg

湘南の海岸にすっくと立ち、こちらを振り向いている。

ohyama_01.jpg

もっと引いて見ると、こんな。足の先には江の島。

ohyama_02.jpg

三浦半島の大きさと比べるとこんなだ。おそらく世界最大のヤギだろう。

「生息している」などと言ったが、ご覧の通り、絵だ。これは「GPS地上絵」というもの。あらかじめ、動物の形になるようにコースを地図に描いておき、その通りに歩くことで巨大な絵を描く、という遊びだ。ここ十年ぐらい、ぼくはこれに夢中である。ネットで検索すると、世界中で同じことをやっている人がちらほらいる。日本での趣味人口は10人ぐらいだろうか。

「描く」と言っても、もちろん現場の地面に線が残るわけではない。データが手元に残るだけだ。苦労して設計して現地を何十キロも歩いても、得られるのはデータだけ。「むなしい」と感じられるかもしれないが、ぼくはこの遊びが気に入っている。

ぼくはこれまで十数匹の動物を描いてきた。ライフワークである。そして現時点での最新作がこの「鎌倉ヤギ」というわけだ。

ohyama_03.jpg

描くに当たっては、GPSロガーという移動の軌跡を記録する装置を使う。カーナビに使われている技術で、スマホにも搭載されている。

ぼくが愛用しているのは上の端末。もともとはトレッキングなどアウトドア用のグッズだが、ぼくはもっぱら絵を描くために使っている。

ちなみに、ここ十数年、外出時には常にこれを持ち歩いていて、すべての外出が記録されている。妻と初めて出会った日の記録もある。その後初めてのデート、結婚式場への行き帰り、息子が生まれたときの早朝の移動なども全て見返す地図上で見返すことができる。そしてこの原稿を書いている今日、さっき近所のコンビニへ買い物に行った軌跡も。「人生って移動なんだな」としみじみ思う。

軌跡は動画として見ることもできる。今回のヤギを描いた様子を動かしてみたのが上だ。早送りで再生しているのであっという間だが、実際には3時間30分かかった。たいへんだった。たいへんだったけど楽しかった! というその様子をご覧いただこう、というのがこの記事の趣旨であります。

■20人がかりで描きます

これまでたくさんのGPS地上絵を描いてきたぼくだが、今回の鎌倉ヤギは、いままでにない特徴をいくつか備えている。そのひとつが「一部、モノレールに乗って描く」というものだ。

ohyama_04.jpg
(c)OpenStreetMapへの協力者

上の地図に示したように、ヤギの後頭部から背中にかけての優美な曲線は、湘南モノレールの西鎌倉駅から片瀬山駅の一駅区間なのである。前出の動画でも、この部分だけピュッと速く動いているのが分かる。

このセクシーなS字が鎌倉ヤギを特徴付けている。地形と関係なく高速で空を移動するモノレールならではの滑らかさだ。

そしてだいじなのは、ぼくひとりでこの鎌倉ヤギを完成させたのではないということ。なかなかかわいらしいコース設計ができたので、せっかくだから一緒に歩いてくれる人を募集したのだ。季節は春。みんなでそぞろ歩くのも楽しかろう。地図とにらめっこしながらひとりでもくもくと歩くのもそれはそれで楽しいんだけどね。

参加者は上のようにTwitterで募った。文面にあるとおり、本「ソラdeブラーン」でもおなじみのエッセイスト宮田珠己さんも参加だ。ぼくは宮田さんのファンなのでとてもうれしかった。

さてこのマニアックな遊びに付き合ってくれる人はどれぐらい集まるだろうか......とすこしドキドキしながら集合場所である湘南江の島駅5階改札前に向かったところ、そこには20名の物好き、もとい、好奇心にあふれた高潔なる篤学の士たちがいた。ありがたい。ありがとう。

ohyama_05.jpg

ちなみに主催者でありながらぼくは集合時間に遅刻してしまった。ごめんなさい。

ohyama_06.jpg

それにしても湘南江の島駅、こんなにきれいになっていたとは知らなかった。きけば昨年2018年の12月にリニューアルしたとのこと。テラスもあって集合場所としてうってつけであった。

とはいえじつはヤギ描画のスタート地点はここではない。西鎌倉駅から500mほどの場所なのだ。なので、ここから3駅移動してちょっと歩いたところで開始となる。

じゃあなんで湘南江の島駅に集合したかというと、それは集合場所としてうってつけだったから。

ohyama_07.jpg
(c)OpenStreetMapへの協力者

冒頭の完成したヤギの絵を見てもらうと分かるが、脚の付け根あたりがちょうど湘南江の島駅だ。だったらわざわざ西鎌倉駅に移動する必要もないではないか、と思うだろう。どこから描き始めてもいいはずだ。

ところが、上の地図にあるように、じつはヤギの鼻先がちょっとだけ穴が空いている。ここには崖があって道がつながっていなかった箇所なのだ。全コースでここだけが途切れている。なので、ここをスタート/ゴール地点にせざるを得ないというわけ。

そして、この崖に象徴されるように、付近の地形がたいへん豊かであることが、後々ぼくらを苦しめることになる。

■「鎌倉ヤギ」は地形に富んだ場所にいる

ohyama_08.jpg

ということで、西鎌倉へ移動。スタート地点へ向かう。この時点ではまだまだみんな笑顔だ。

ohyama_09.jpg

ここがスタート地点。ヤギの鼻の先。手前左の青いシャツがぼく。ロガーの記録開始しているところ。写真向かって右に崖があって、その上がゴール地点となる。

ご覧の通りなんてことはないふつうの住宅街だ。ここを特別な場所と感じる人は、ここの住民とぼくらぐらいではないだろうか。

ohyama_10.jpg

いよいよ総勢20名によるヤギ描画スタート。鼻先から時計回りに行きます。これからゴールまで約12kmほど歩くことになる。

ohyama_11.jpg

さきほども言ったように、この鎌倉ヤギは起伏に富んだ場所に生息している。スタートしょっぱな、ご覧のような坂を登ったり下ったりを繰り返した。高山の崖に暮らすヤギの映像を思い出した。そういう意味ではここに生息しているのもうなずける。

ohyama_12.jpg

とはいえ良い陽気の中、知らない街を歩くのは楽しい。ほとんどの皆さんが初対面だったが、和気あいあいと進んだ。

■GPS地上絵は「第3の移動」

GPS地上絵の醍醐味は、ふつうに散歩してたら絶対こんなところ通らないだろう、という道を強制的に行かされるところにある。コースが細い魅力的な路地だったりすると、すごくうれしい。ぼく自身、設計時は地図を見て描いているだけで、現場がどういう場所かまったく分かっていない。

ohyama_13.jpg

「お、ここ通るのか。この道は良い雰囲気だねえ」などと言い合いながら進む。設計者のぼくも参加したみなさんと同じように、新鮮な気持ちで街をうろうろするのである。

ohyama_13_2.jpg

通常、人は目的地にたどり着くために移動する。その際に通る道筋は、常に最短距離とは言わずともなんらかの理由があるルートを選ぶ。つまり何らかの「合理性」がある。ぼくらの日常の移動のほとんどは、意識的にしろ無意識にしろそういう「合理性」に従っている。

ohyama_14.jpg

例外は散歩だ。だが、散歩にしても「こっちの道がよさそうだ」というように自分の気分で決めているはず。何が言いたいのかというと、GPS地上絵は通常の移動とも散歩とも違う「第3の移動」とでも呼ぶべき不思議なものだ、ということ。

まるでGPSの衛星に操られているかのような心持ち。キャンバスの上を走る筆先はこんな気持ちでいるのだろうか。

「合理的」でない移動がもたらす発見と楽しみ。しかし一方ではがゆいこともある。興味を引くものが見えても、そこがコースでない限り見に行くことができないのだ。次回はその話から始めよう。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
大山顕ポートレート
大山顕
ドボクフォトグラファー/ライター、そしてGPS地上絵師。主な著書に『工場萌え』『団地の見究』(共に東京書籍)、『ショッピングモールから考える――ユートピア・バックヤード・未来都市』(東浩紀との共著、幻冬舎新書)、『立体交差/ジャンクション』(本の雑誌社)など。
https://twitter.com/sohsai
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
喜清みずほポートレート
失われた 記憶をたどる まぼろしの遊園地「江の島龍口園(えのしまりゅうこうえん)」
喜清みずほ
鎌倉観光ボランティアガイド
宮田珠己(龍口寺編)ポートレート
龍口寺の龍と、謎の仏像
宮田珠己(龍口寺編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
加門七海ポートレート
江の島怪談闇歩き
加門七海
作家
中野純ポートレート
江の島怪談闇歩き
中野純
負の走光性がある、闇歩きガイド
髙山英男ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
髙山英男
中級暗渠ハンター(自称)。
吉村生ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
吉村生
暗渠マニアックス
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
西村まさゆき(駅名編)ポートレート
湘南モノレール「駅名」ルーツをたどる旅
西村まさゆき(駅名編)
石山蓮華ポートレート
いい線いってる夜
石山蓮華
電線愛好家
中島由佳ポートレート
いい線いってる夜
中島由佳
ゴムホースマニア
加賀谷奏子ポートレート
いい線いってる夜
加賀谷奏子
サンポー編集部ポートレート
しょもたんの完全一致を探す散歩
サンポー編集部
散歩の横好き集団
中野純(鎌倉大横断編)ポートレート
鎌倉大横断ミッドナイトハイク
中野純(鎌倉大横断編)
負の走光性がある、闇歩きガイド
森川天喜ポートレート
湘南モノレール全線開通までの全記録
森川天喜
フリージャーナリスト
しょもたんポートレート
モノレールの運転士さんや駅員さんの話をきいてみよう!
しょもたん
湘南モノレールのマスコットキャラクター。
森川天喜(今昔写真撮影隊)ポートレート
湘南モノレール沿線 今昔写真撮影隊!
森川天喜(今昔写真撮影隊)
フリージャーナリスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)