江の島への近道 湘南モノレール株式会社

その1 背の低いものたち

湘南モノレールの軌道の真下には、ふつうより背が低いものがある。

image1.jpg手が届きそうな信号!

たとえばこの信号機、車両用なのにすぐ左の歩行者用と同じ高さにあるのだ。こんなに低いのは見たことがない。

image2.jpg手が届きそうな街路灯と筆者

こんなのもある。歩行者用の街路灯だと思うけど、それにしても背が低い。

じつは信号機も街路灯も、当サイトにも書いている宮田珠己さんから教えてもらったものだ。湘南深沢駅の近くにある。おそらく、すぐ上を通るモノレール車両にぶつからないように背が低くなっているんだろう。

こういうやつ、他にもないだろうか。後日、一人で沿線を歩いてみた。

image9.jpg黄色い線が見える

大船駅についてすぐ気がついたのは、橋脚のちょっと高いところに必ず黄色いハチマキみたいな線が書かれていることだ。そして車両は線の上1メートルくらいのところを通っている。

これはつまり、この黄色い線の上にはものを作らないでねということなんじゃないだろうか?

image5.jpg最初の信号機もそうだ

最初に紹介した背の低い信号機も、よく見るとハチマキのすぐ下、ぎりぎりのところにある。なるほど、どうもそういうことのようだ。

image8.jpg縦型信号機がまたあった

富士見町駅の近くに、背の低い車両用信号機がまたあった。やはりハチマキのすぐ下にある。

こういう縦型の信号機は、雪が積もらないようにするため雪国では一般的だ。でもここでの意図は、なるべく軌道の真下に入らないようにということだろう。こんなふうな縦型の使われ方は初めて見た。

ところで、よくみると橋脚に「高さ制限4.5m」と書いてある。ということは、ハチマキの高さが4.5mを示しているんじゃないだろうか?

image6.jpgカーブミラーもハチマキの真下だ

黄色い線のすぐ下にカーブミラーのある場所があった。じつはカーブミラーの柱には、柱の高さなどを書いた票が貼られている。近づいて見てみよう。

image3.jpgこれだ。「支柱品質表示票」。

あった。仕様寸法の欄によると柱の高さは4mだ。ハチマキの高さはそれに50cmを足した4.5mと考えて問題なさそうだ。

image7.jpgめずらしい信号機を発見

赤信号が一つしかない信号も、ちょうどハチマキの高さにあった。「一灯点滅式信号」といって、都市部ではかなり珍しい。東京でも神保町に一つあったのだが、最近なくなってしまった。この信号にはぜひ生き延びてほしい。

image4.jpg街路樹の高さが左右で違う!

軌道の下では、街路樹の高さも制限されているようだ。確かに、そうじゃなかったら、車両が通るたびに木の枝がわさわさしてしまう。木のほうもいい迷惑だろう。

なので、同じ道の街路樹なのに左右で高さが全然違うという現場があった。左側の木がハチマキの高さに遠慮しているのに対して、右側の木がなんと茂り放題なこと。

もし街路樹に生まれ変わるのだとしたら、なるべく右側がいいなと思うのだった。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
三土たつお(続編)ポートレート
三土たつお(続編)
1976年生まれ。プログラマー、ライター、都市鑑賞者。ガードレールや三角コーンなど、路上のなんでもないものを眺めて写真を撮っています。「デイリーポータルZ」(iTSCOM)に連載中。編著に「街角図鑑」(実業之日本社)、共著に『はじめての暗渠散歩』(筑摩書房)
など。
Twitter:https://twitter.com/mitsuchi
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)