江の島への近道 湘南モノレール株式会社

第1回 ここが急所だ! ヴッパータール

ヴッパータール空中鉄道&湘南モノレール姉妹懸垂式モノレール協定締結記念座談会

『ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る』

ヴッパータール空中鉄道との姉妹懸垂式モノレール協定締結を記念し、過日湘南モノレール本社会議室に於いて、ヴッパータール空中鉄道をこよなく愛する下記の方々による座談会が開催されました。かなりマニアックに盛りあがった座談会の模様を以下に掲載いたします。

パネリスト(みなヴッパータール空中鉄道乗車経験あり)
佐藤淳一(武蔵野美術大学デザイン情報学科教授、写真家)
八馬智(千葉工業大学創造工学部デザイン科学科教授)
西村まさゆき(フリーライター)
角田晶子(東京書籍編集者)
尾渡英生(湘南モノレール株式会社代表取締役社長)
モデレータ
宮田珠己(ソラdeブラーン編集担当)

現役最古の懸垂式モノレール、ヴッパータール空中鉄道の概要と魅力については、このページをご覧ください。

「乗らずにいられない懸垂式モノレールの魅力」

http://www.shonan-monorail.co.jp/sora_de_bra-n/2017/11/110.html
http://www.shonan-monorail.co.jp/sora_de_bra-n/2017/11/post-2.html

第1回 ここが急所だ! ヴッパータール

宮田 ヴッパータール空中鉄道と湘南モノレールの姉妹懸垂式モノレール協定を記念して、ヴッパータールの魅力について、みなさんに存分に語っていただく座談会をはじめたいと思います。今日は乗車経験のある5名の方々にお集まりいただきました。

   101.JPG【左から、角田、佐藤、尾渡、八馬、西村(敬称略)】

宮田 最初に湘南モノレール尾渡社長より今回の協定締結の経緯について簡潔にご説明願えますでしょうか。

尾渡 はい。ヴッパータール空中鉄道は1901年から運行していて、120年近くこのぶらさがり鉄道を維持しておられます。どうやって維持管理しているのか、以前から非常に興味がありました。

また同じ懸垂式モノレールとして、お互いに協力してPRしていくことができればいいなということも考えていました。それで今年の1月頃にメールを送ったところ、むこうの社長さんから返事があり、さっそくゴールデンウィークに訪ねてきました。現地では6時間ほどかけてじっくり案内していただいて、その場で姉妹懸垂式モノレールとしてパートナーシップを結ぼうという話になりました。日本には、同じ懸垂式の千葉都市モノレールさんや上野動物園さんにも懸垂式モノレールがありますので、今後できればそういったみなさんをも巻き込んで、お互いに協力していけたらと考えています。

宮田 ありがとうございます。

八馬 去年の暮れに乗ったんですが、ヴッパータールの新型車両はかなり揺れが抑えられてる感じがしましたね。

尾渡 ブルーのやつですね。

佐藤 そんなに変わりましたか? 原理的にランゲン式(ヴッパータール空中鉄道が採用)は、サフェージュ式(湘南モノレールが採用)に比べてめちゃくちゃ揺れるはずなので、私はあれはわざと好きでやってるんだろうなと解釈してたんですが(笑)。

サフェージュ式とランゲン式の違いについては以下のページをご覧ください。

http://www.shonan-monorail.co.jp/sora_de_bra-n/2017/11/post-1.html

尾渡 ヴッパータールの鉄鋼構造物全体のシステムはここ20年ぐらいの間に、ほとんど全部入れ替えてますね。どう工事したのかはよくわかりませんが。

西村 駅は全部新しかったですね。

尾渡 ほんとにきれいでしたね。

西村 駅の形がすごくよくて、キュンキュンきました。駅ごとにまた個性があって、すごく面白かったです。

尾渡 こういう駅ですね。

102.JPG【Ohligsmuhle駅/尾渡撮影】

八馬 この造形が一番激しかったですね。

西村 これは製薬工場のそばにあった駅かなあ。

尾渡 そうですね。こういうガラス張りで作っているものと、古いものなんだけど、新しく直して色合いを昔のお城みたいにしているのと半々ぐらいでしたかね。

西村 個人的には変わってないところもよかったな。鉄道の駅に一番近いところ。

尾渡 これです。ハーフトバーンホフ。ドイツ国鉄のすぐそばにあるところです。

103.jpg【Hauptbahnhof駅/尾渡撮影】

西村 ちょっと工事してましたけど。あそこはビルの雰囲気がすごく古くて、それはそれでよかったです。

尾渡 よかったですね。

佐藤 昔の西ドイツって感じですね。ぐちゃぐちゃで。ルール地方の田舎っていうか。田舎都会。

西村 田舎都会って(笑)。そうか。

佐藤 現在の統一されたドイツじゃなくて、西ドイツ臭さが残ってる。無茶苦茶なんですよ。筑豊を十倍ぐらい複雑にしたような鉄道網。ここからここまで5通りぐらいで行けるみたいな、そういう世界です。

西村 人口密度結構多いですよね。田舎だけど。

尾渡 紡績から発展した街ですね。

104.JPG

西村 バイエルの工場もありますよね。

佐藤 ヴッパータールはケミカルのほうにいったんですけれども、また山ひとつ越えると鉄だったりする。谷ごとに産業が違う。

八馬 石炭が採れる場所、鉄鉱石が採れる場所とか、谷ごとに違う発展の仕方をしているのに、全部つなげちゃったから鉄道網がぐちゃぐちゃというか。ほんと行きづらいんですよ。

佐藤 いや、あれは乗ったら最高に面白いですよ(笑)。どうやってあそこに行けっていうんだ、って。

西村 むこうの鉄道は、ぱっと乗れるのがいいですね。

八馬 何番のどこで乗ればいいのか、聞かないとわからなかったですね。僕は。

佐藤 表示は実はちゃんとしてますよ。もともと複雑だからわかりにくいけども、ちゃんと情報は全部出てるんです。

八馬 なるほど。

宮田 ではそろそろ個別に、ヴッパータールのここがよかった、ここがオススメという話をお願いしたいと思います。では、まずは佐藤さんからお願いできますでしょうか。

佐藤 では、私から。といっても今日は自分の撮った写真が1枚もない。お前ほんとに写真家なのかっていう(笑)。動物園行くためのインフラだったので、モノレールは撮ってないんですよ。

105.JPG

西村 そうか、動物園があるんだ。

角田 そこに行きつけてるんですか。

佐藤 カワウソ撮りに行ってるんで。装備が違うんですよ、動物撮るのとモノレールとでは。兼用できない。で、ヴッパータール攻略法ですが、前回記事に書かせていただいた内容を検証する形でお話ししようと思います。総延長13.3キロのうち10キロ分が川の上で、残りが道の上で、ヴッパータール中心部は谷底に開けている。なぜ川の上に造られたかというと、平地がない。川の上を通すしかないということになったわけです。

尾渡 最初は物流のために造られたといってました。

八馬 人間を運ぶのではなくて?

尾渡 テキスタイルの物流に必要だったと言われてましたけど、100何十年前の話なので。

佐藤 で、川の上を走らせた。

106.jpg【尾渡撮影】

佐藤 で、これは街の側。

107.jpg【八馬撮影】

八馬 いいですよねえ。

佐藤 写真としては川の上がよく使われると思うんですが、こっちのほうが私は面白いかな。

尾渡 私はとにかく橋脚の間隔が短いのに驚きました。

佐藤 当初の設計のままですね。

宮田 あんなカーブした橋脚で支えるのって大変なんじゃないですか?

八馬 下の道路との関係で、この時代はカーブさせるほうが都合がよかったんでしょうね。今であれば違うつくりになると思いますが、当時の人件費の低さから手間をかけたんでしょう。

佐藤 まさに川のときはガバッと広くとって、街なかは狭く支える。

八馬 ただ、この橋脚だけは交差点を斜めにわたっているので、スパンを長くとってますね。

108.jpg【八馬撮影】

尾渡 ここ以外は、ほとんどの橋脚は同じものを使ってる感じでしたね。ここだけじゃないでしょうか。

八馬 そうですね、ここだけ。

佐藤 これはフォーヴィンケルの駅前の交差点ですけども、まさにそれを私が言いたかった(笑)。

八馬 すみません(笑)。

佐藤 いえ、恐縮です(笑)。続いては、ここが急所だヴッパータール。

109.jpg

八馬 急所?(笑)

佐藤 はい。まず、毎回私が言っております。アウトバーンの交差です。ここをちょっと攻めてみたい。

佐藤 ちょうど地表を行くところと川を行くところの間ですね。ゾンボーナーシュトラッセとハンマーシュタインの間、ここはゾクゾクっとします。空飛ぶ絨毯感覚です。

八馬 ここはいいですね。

佐藤 アウトバーンA46、S536の上を跨いでますね。ここです。自分で撮れないんで、グーグルで撮った画像ですけども。

110.jpg111.jpeg

佐藤 この部分がいいんですね。防音壁すれすれ、ほんの数メーター上を通る。

八馬 いいですよねえ、ここは。高速道路の上はやはり興奮しますね。写真見ると、ふつうに橋の上から撮ってるみたいになりますけど、これが動いているというのは興奮します。

112.jpg【八馬撮影】

113.jpg【八馬撮影】

宮田 クレーン車とか下通ったら、引っ掛かりそうで怖い。

八馬 ん、三角トラスを吊ってるんだ、ここ。

(※写真がないので、上記空撮写真を拡大してご覧ください。)

佐藤 後から吊ったんじゃないですかね。道路のほうが後ですから。

八馬 どうですかね。どっちがどっちかわかんないのがいくつかありますよね。

西村 後から吊ってるってどういうことですか?

114.JPG

佐藤 最初は普通の緑色のやつがあって、後で補強する形でグレーのやつをガバッとはめ込んでいるわけです。

八馬 これはちょっと建設の順番を知りたいですね。

西村 高速道路のほうが後なんですよね。

八馬 だと思います。だってあれは1930年代以降...。

佐藤 1901年(モノレール開通年)にはまだできてない。

佐藤 で、2番目。先ほども出てまいりましたバイエルの工場内通過。

115.jpg

八馬 (胸が)熱いところですね。まばたき厳禁。

116.jpg【八馬撮影】

佐藤 これもグーグルで見ると、ここによく見るバイエルのマークが見えてます。

117.jpeg

佐藤 ちょうど河岸段丘で谷底になっていく感じがものすごくよくわかる場所ですね。一番低いところを走ってます。日本だと炭鉱なんかに見られる、段々になってて、そこに沿って町ができてるっていうのがわかる。

宮田 こういうのが幾筋もあるんですね。

118.jpeg

八馬 そうです。ちょっとした河岸段丘の平地があったところには帯状に建物ができていくって感じなんでしょうね。というか、そこの道が通って、その両脇が町になっていく。

宮田 なんかムカデみたいですね。

(つづく。このあとさらにディープな話に!)

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道座談会
佐藤淳一(武蔵野美術大学デザイン情報学科教授、写真家)
八馬智(千葉工業大学創造工学部デザイン科学科教授)
西村まさゆき(フリーライター)
角田晶子(東京書籍編集者)
尾渡英生(湘南モノレール株式会社代表取締役社長)
宮田珠己(ソラdeブラーン編集担当)
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)