江の島への近道 湘南モノレール株式会社

第4章 イベントであちこちに出没 / 第5章 もののふの野望

 イベントで鎌倉市中心部に出張することもあるというが、今後は基本的に、もののふ隊の拠点・深沢砦の界隈で活動してゆく予定。

 深沢は、鎌倉氏発祥の地とされる村岡(藤沢市村岡)もすぐそば。古くから街道の交差する交通の要衝でもあり、知られざる古戦場や史跡も多い。それらを拾い上げ紹介してゆくのは、地元出身の自分たちにしかできないはず、と鎌倉さんは言う。

「少し前、とあるテレビ番組の撮影隊を案内した時、我々とは別行動していたスタッフの一人が、不審者と間違われて通報されちゃったんです。もし、甲冑姿の我々と一緒だったら、そんなことはなかったはず(笑)」

 もののふの警備、心強い限りだ。史跡といっても深沢界隈は、案内の看板も、整備された道もない場所も多い。もののふ隊と一緒なら道にも迷わないし、歴史的背景もバッチリ解説してくれる。

 

 ちなみに、鎌倉さんら案内役のもののふ隊の隊員のみならず、一般参加者が歴史装束を着て史跡散策ツアーに参加するプランも用意されている。予約時に、装束の詳細もきちんと説明してから参加してもらうので、ツアー中のトラブルや問題はこれまで起こっていないという。もののふ隊には、「備えあるので憂いなし」なのだ。

IMG_6887.JPG日本一鎧が似合う男!? このまま出陣しそうだ

第5章 もののふの野望

 〝もののふ〟ということなので、今後の野望についても語ってもらった。

「鎌倉で1192(イイクニ)隊の武者行列を、実現させたいですね。1192〝人〟ではなく、1192〝隊〟です」

 鎌倉時代当時の一隊は50人。ということは50人×1192隊で、約6万人。鎌倉市民が約17万人なので、1/3以上。もちろん、参加者は市外の人でもいいわけだが......。

 〝隊〟にこだわるのは理由がある。もののふ隊の活動を始める前、鎌倉さんはほぼ毎年のように参加していた武者行列がある。山梨県笛吹市の「川中島合戦戦国絵巻」。それが1500人を集めるため、ギネスを狙う(=天下を獲る?)ためには、1192人では足らない。

「そんな大人数を鎌倉のどこに集めるんだよ、という問題は、既に解決済です。鎌倉七口といって、鎌倉へ入る道は主に七カ所ある。だから、1192隊を7つにわけて鎌倉を包囲し、『いざ鎌倉』で突入すると」

 鎌倉氏が800年以上の時を経て、大群を率いて源氏に奪われた鎌倉を取り戻す。是非実現して欲しい、痛快な話ではないか。

 ただし、それは最終的な目標のひとつ。まずはその第一歩として今秋、深沢の地で武者行列を実現すべく奮闘中のこと。開催は9月中旬。歌舞伎でも描かれている名武将の一人・鎌倉景正公の命日が9月18日。その霊を弔う御霊神社が深沢界隈には多数ある。それを武者行列で巡拝する。

 もちろん、一般参加も大歓迎。詳細は鎌倉もののふ隊のホームページ上で近日中に発表予定とのことだ。

 まずは、武者行列で「お試し」。気に入ったらワークショップに通って、マイ鎧兜作りに挑戦。そのうち、もののふ隊郎党の一人として、役者デビューも夢ではない。

IMG_6770.JPG法螺貝。武士体験参加者は誰でも吹いてみることができるが、なかなか大きな音を出すのは難しいそうだ。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
今泉慎一ポートレート
今泉慎一
編集者・ライター・ときどきカメラマン。1975年広島県生まれ、東洋大院中退(哲学専攻)。編集プロダクション・風来堂代表でもある。旅と歴史(特に戦国時代)、サブカルチャー全般が得意分野。近年はもっぱら、全国の山城ばかりを攻めている。
 著書に『おもしろ探訪 日本の城』(扶桑社文庫)、編著・監修に『ハンディ版 日本の名城 データブック200』『『その後』の廃城』『『山城』の不思議と謎』(以上、実業之日本社)など。

風来堂ホームページ:http://furaido.net/
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)