江の島への近道 湘南モノレール株式会社

2章 大地にそびえるキリマンジャロ

まず私が気になった湘南モノレールの車窓の先の景色は、これである。

201.JPG

『湘南深沢駅』付近。商店や住宅が並ぶエリアに、突如として広大な大地が広がる。私はこの景色が目によぎるたびに、「急にアフリカだな!」という感想を抱いていた。通称「サバンナ」と呼ばれる青々とした大地。その先にある小高い山も、どことなくキリマンジャロ。

私が気になるのは、あのキリマンジャロだ。

路線からの絶妙な遠さがその正体不明さを際立たせ、こちらの気を誘ってくる。「さて、私は誰でしょうか?」という挑戦的な態度が見え隠れする距離感だ。

あと、唐突さもいい。平地にぽこんと、たったひとりで現れてしまった山。「あ、ヤバい。隆起する場所、間違えた」といった佇まいは、なかなかに味わい深い。

あのキリマンジャロ、登れるのだろうか?登れたとして、そこには何があるのだろうか?

私は『湘南深沢駅』を降り、一路、キリマンジャロを目指して歩いてみることにした。

202.JPG

キリマンジャロまでは、ずっと果てしない一本道が続く。その道を挟んで、左側はごく普通の住宅地。右側は緑の濃いサバンナ。片方からはピアノの音色が聴こえて、反対側からは虫の大合唱が鳴り響く。文明社会と野性世界が一本の道を挟んで露骨にくっきり分かれている。

その一本道をずんずん歩いていくと、やがてサバンナを越えてしまう。キリマンジャロはまだかなた先である。車窓から眺めていた時は、サバンナの一番果てにキリマンジャロがあるものと思っていたのだが、そうではなかったのか。

サバンナを越して、国道を越えて、そして大きな川を越えて。『湘南深沢駅』から歩いて、およそ30分。ようやくキリマンジャロの麓へと辿りつく。

203.JPG

麓には、小さな公園が朽ちている。草、ぼうぼう。あとちょっとで植物たちに飲み込まれてしまいそうな姿である。

この辺りにも住宅地は広がっている。でも、そこには全体的にどことなく野性の圧が覆っている。麓ならではの、独特なトーン。ゆっくりゆっくり、人間の気配が消え失せていっている最中のような。一抹の寂寥感が流れる。

麓から見るキリマンジャロは、思っていたよりも高くない。標高にして30mに満たないのではないだろうか。ちょっとしたハイキングにはぴったりに思えるが、展望台のようなものが設置されている気配はない。麓に辿りついてもなお「さて、入山できるでしょうか?それとも、入山できないでしょうか?」という挑戦的な態度を崩さないキリマンジャロ。まだまだ正体を明かさないところが、なんともワクワクさせてくれるではないか。

キリマンジャロに近づき、どこかに山道はないかと探す。すると、住宅エリアの奥に、こんな坂道が現れた。

204.JPG

いまにも山に浸食されそうなアパートの脇で、坂道は上へと伸びている。この坂道はキリマンジャロにつながっているのだろうか?少しドキドキしながら、奥へと進む。

205.JPG

あった。山道入口だ。よかった、どうやらキリマンジャロは入山可能らしい。

しかし、この山道入口のそっけない感じは、どうしたものだろう。「どうしても入りたい人だけ、どうぞ」といった、うっすらとこちらを拒んでいる雰囲気。ウェルカムな感じは皆無である。おそるおそる、足を踏み入れる。

206.JPG

すぐに地面がアスファルトから土へと変わる。木々たちがひしめきあい、辺りは昼間だというのに薄暗い。「キタゾ、キタゾ、ニンゲンダ」といった感じで、鳥たちが鳴きわめいている。異界に突入した、といった感じが高まる。

キリマンジャロの内部には、いまにも消えてしまいそうな、心細い道が続く。

207.JPG208.JPG

......ここって、道だよね?)

少しだけ半信半疑になりつつ、歩を進めていく。

すると、目の前にこんな看板が現れた。 

209.JPG

「鎌倉古道」。

そう、キリマンジャロを走るこの道は、平安~鎌倉時代に各地方と主要都市を結んだ道であったのだ。いま自分が歩いているこの幽かな道は、かつては多くの人通りがあった。

そう考えると、なんだか奇妙な気分に襲われる。

その先にあった石碑では、このキリマンジャロの本名が明らかにされていた。

210.JPG

キリマンジャロの正式名称は「旗立山」。かつて源頼義がこの山の頂で白い旗を立てて軍勢を集めたことからその名が付けられた、といった旨のことが記されている。

平安時代の終わり頃、「前九年の役」という戦があった。その時に源頼義は「一緒に戦に参加する人、集まれ~!」と、この山で旗を立てて武士をリクルートしたのだ。旗の噂を聞きつけた各地の猛者たちは、古道を通じてこの山へと次々に集まってきたらしい。

その後、源頼義は戦の勝利をおさめ、源氏の誇りを高めることに成功する。

キリマンジャロは、歴史に一役買った、ハローワーク的な場所であったのだ。

じゃあ、旗が立っていたその山頂は現在どうなっているんだろう、と上を目指してみる。

すると拍子抜けするくらい簡単に、そこへと辿りつくことができる。

211.JPG

もはやそこには、かつて人が集っていたような痕跡など微塵もない。白い肌の木々が林をつくっているだけだ。ここに存在していたものは、すでに消え去っている。ミステリアスなムードが辺りに漂う。

ゆるやかな風が抜けていくが、私はゾクッとした寒気を背中に走らせる。

212.JPG

『湘南深沢駅』まで戻り、キリマンジャロをふり返る。西日が沈むその姿は、ますますアフリカだ。でも、キリマンジャロの正体に触れてしまったいま、その景色には複雑な色味が混ざって目にうつる。

あの山には、多くの人が行き交うかつての道が走っていて、山頂には源頼義が軍勢を鼓舞した歴史が眠っている。でも、そんな過去も少しずつ忘れられつつあるようだ。看板や石碑がかろうじてその記憶を守ってはいるが、いつかはそれも野に溶けていってしまうだろう。麓にあった、あの公園のように。

遠くに見えるキリマンジャロは、忘れ去られつつある者ならではの無念をにじませているように見えた。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
ワクサカソウヘイポートレート
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントをフィールドにしている。
主な著書に「今日もひとり、ディズニーランドで」(幻冬舎文庫)、「変な鳥ヤバい鳥どでか図鑑」(エイ出版社)、「夜の墓場で反省会」(テレビブロス)など。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)