江の島への近道 湘南モノレール株式会社

湘南モノレールは頭上を行くとは限らない。片瀬山駅から腰越へ

nishikama.jpg

本日のコースは湘南モノレール片瀬山駅からスタート。江の島方面にある、龍口寺へ。龍に思いをはせながら、腰越漁港で朝どれフライをいただきます。お食事あわせて90分、今日もブラーンとラーンしよう。熱中症対策は、いつも以上に無理をしないこと。そう、今日は特にお散歩気分でね。

湘南モノレールは目線の下を行くかも知れない

湘南モノレール片瀬山駅を降りるとすぐ、道路をはさんで海がちらっと見える。海が見える側、腰越方面を目指そう。「モノレールとは頭上を行くもの」と思い込んでいると、簡単に裏切られて、目線の下や目の前にニョキッと出てくる。この高低差は不思議な感じでおもしろい。しばらくモノレールと車道と並走して走ろう。坂をくだって行くとモノレールが目線の上に。モノレールがそれらしい高さに。僕はゆっくりとモノレールの下を行く。

kataseyama01.jpg海が見える、のどかなエリアだ

kataseyama02.jpg目線の下をニョキニョキと行く湘南モノレール

ちょっとだけ浮いてみたり、山の中から飛び出してみたり

目白山下駅までは、ガタコンと行く湘南モノレールの下を行く。さっきの駅は片瀬山。おとなりの目白山下駅は「目白+山下」か。いや「目白山の下」か。隣接する公園へ。片瀬山はこの辺り一帯の丘陵地の呼び名だそうで、駒立山、目白山などの総称。地名を気にしながら走っていたら、わからなくなってきたぞ。どうやらここは「目白山下駅」脇の「片瀬山公園」。さて目白山はどこか。片瀬山公園で目白山を探す。

kataseyama03.jpgkataseyama04.jpg目白山下駅と、ちょっとだけ浮遊する湘南モノレール

江の島方面へ道なりに下りて行く。今日は足が進まない。暑いからというよりも、いろんなところからモノレールがニョキニョキ出てくるのが気になって、ついつい見ちゃう。坂を下りて行くと湘南江の島駅へ。螺旋階段がいいアクセント。山の中からニョキーンとモノレールがまた出てきた。

kataseyama06.jpgkataseyama05.jpg湘南江の島駅周辺。飛び出せ湘南モノレール

龍の伝説の玄関口、龍口寺へ

通りがかった際にはよくお参りする龍口寺。立派な山門と五重の塔、手水舎は龍の口。江の島の弁財天と向かい合うように鎌倉を護る五頭龍。この辺りは龍との由縁がある地域が多い。龍のいた深い沢があった「深沢」。龍が子供を食らう「子死越」こと「腰越」(まぁ恐ろしい!)。龍が国家安泰の神となった後に祀られた、西鎌倉の龍口明神社。龍を求めて走る沿線ラーンもいいかもね。

kataseyama07.jpg龍の手水舎と五重の塔

ここから海辺を鎌倉方面へ走れば腰越はすぐ。行ってみよう。

地物を腰越漁港でいただく。朝どれフライをはっふはふ。

腰越漁協販売所にてサバフライ。走った距離とカロリーとの計算はあわないけれど、目の前にあるのだからいただかないと。飲み物の持ち込みは自由で、昼間から一杯やっている人も(僕は今日はやめておこうか...)。オーダー後にすぐに揚げてくれるフライをいただきます。お魚のフライは200円〜300円くらいの良心的な価格。この日は大ぶりの分厚いサバをカラッと揚がったコロモとともに。最高です。

kataseyama08.jpgこの日はサバでした〜

そうそうランニング中だった。もう少しブラーンとしよう。龍と弁才天の話を背に鎌倉へ。今はもう、夏真っ盛り。熱中症も気をつけてほどほどにね。次回はどこをブラーンとしよう、久しぶりに江の島に上陸してみようかなぁ。

kataseyama09.jpg振り返ると江の島方面。夏の光でキラキラだ

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
二藤部知哉ポートレート
二藤部知哉
湘南モノレール沿線在住のブラーンランナー。アスファルトより土や浜を走るのが好き。鎌倉市の魅力的なNPOや地域活動に参加しながら、地酒のような「地ウェブ」をつくる、地ウェブアーキテクトとして活動中。報酬は美味しいごはんやお酒、困った時に助けてくれる券、空想の通貨など、未来経済に生きていく。http://future-archives.net
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)