江の島への近道 湘南モノレール株式会社

大船のメロン編(3) メロンだけではなかった――先代はモダンな実業家

 メロンの謎がやっと解けた。しかし、話はメロンだけでは終わらなかった。幻のメロンは、思いもかけない大船の過去を一緒に明らかにしてくれたのだ。

 先にも少し触れたが、明治生まれの先代はマスクメロンだけではなく、ほかにも様々な事業を手がけていた。お話をうかがっていくと先進的にして行動的な人物像が浮かんでくる。

 先代は、伊豆大島で椰子の木などの南洋植物を栽培したり、狩猟に必要な犬のブリーダーを始めたり、さらに戦後は、疎開先であった埼玉県の川越で、人々の栄養不足の改善を目的に牧場経営にもたずさわったとのことだ。あらましを聞いているだけで、気持ちいいほど行動的な実業家青年の、生き生きとした活躍が伝わってくる。

 大船農園内では、伊豆大島から持ってきた優雅な椰子の木が植えられ、シェパードを始め様々な犬種の犬が育てられていたという。

「私はたくさん飼っていた犬たちの餌やりや、ヤギの乳しぼりの係でした。可愛かったですね(笑)」と、林川さんは子供のころの記憶を語ってくださった。

犬の家パンフレット.jpg
【写真】大船農園内で営まれていた「犬ノ家」、定価表。オサラギ商事株式会社提供。
写真・画像の無断転載禁止

 上の写真は「犬の家」の定価表。いわばパンフレットである。「犬の真価を お知りになるには/優秀なる犬を お持ちになる事で 御座います」という宣伝の文言が目を引く。猟犬であるシェパードをはじめ、スコッチテリヤー、エーヤデルテリヤ(エアデールテリア)などの西洋の犬種のほか、秋田犬や甲斐犬などの日本犬も育てていた。

 日本では明治の時代に――従来のような獣害対策であるとか生業としてではなく――趣味として行われる狩猟がひろがった。西洋式の狩猟と言える。それとともに猟に適した西洋の犬種も、最初は輸入されて、それからやがて繁殖、販売も行う「ブリーダー」業者も登場するようになった。

 こちらで育成していたセッターは、猟犬の品評会で一等を取ったことがあるとのこと。マスクメロンしかり、先代は研究熱心なタイプだったのだろうか。多角的であるのみならず、それぞれの分野で品質を高めることのできる才覚に感心するばかりだ。

 林川さんは、じつは小学校3年までは、椰子の苗を栽培していた南洋植物園のあった伊豆大島の山のなかで育った。

「自生のイチゴだとかブドウがあって、よく食べていましたね。木登りが好きで、枝の上に小屋を作ったり、山のなかに張り巡らされた防空壕では山芋を掘ったりね。そんなことが毎日の遊びでした」と、当時を振り返る。

 半分自給自足のような、貧しいながらも楽しい幼年時代のひとときだったという。

 椰子の木々に囲まれた南の島で、幼い少年が山に遊び、木に登り、そこここで見つけ出した野生の果実や芋を食べる――そんな光景を思い描くと、何やら宮崎駿監督の『未来少年コナン』の一場面のようで「自然児」という単語も浮かんでくる。

 こうして間近でお話をうかがっていても、林川さんは終始、笑顔を絶やさず、悠々として楽しそうなご様子だ。もしかしてこのご気性は、あたたかな伊豆大島で自然に囲まれて過ごした幼少期が育んだものなのでは、と思わされた。

 大船農園は、そしてメロンは、その後どうなったのだろう。その行く末には第2次世界大戦が大きな影響をおよぼした。

 戦争の長期化、戦局の悪化にともない、1941(昭和16)年9月に施行された「金属類回収令」。これによって、大船農園でもハウスの構造を支える鉄管を供出しなければならなくなり、メロン農園を経営することが難しくなった。

 折しも、先代は、戦争が始まってから持病が悪化し、戦後ほどなくして亡くなられたそうだ。残されたお母様は子供たちに食べさせるのに精一杯で途方に暮れていた。そこへ、ある縁から「せっかく家があるのなら旅館をしてみたらどうだろうか」「米軍に接収される危険も避けられる」と勧められた。

 そうして始めることになったのが、当連載第1回で取り上げた「大佛旅館」なのである。

「母の脚には、動脈硬化で血管が紫色に浮き上がっていました。慣れない仕事に毎日痛い痛いとがんばって育ててくれた母の姿が忘れられません」と、林川さんは当時を思い出し、そう語った。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
大船ヨイマチ新聞ポートレート
大船ヨイマチ新聞
2015年より大船でフリーペーパー「大船ヨイマチ新聞」の活動をスタートさせる。
発端は2014年生まれの子をもつ5人の母親が、子供を通じて出合って意気投合したところから。
本業と母業のすき間を縫って、年に1回というスローペースながら、あふれる大船愛をぎゅうぎゅうに詰めた「新聞」を刊行中。
ぜひ本誌もお手に取られてください。
編集部から「陽」と「細」がこちらのサイトで記事を書きます。
・バックナンバー:創刊準備第1号(2015年)、創刊準備第2号(2016年)、創刊号(2017年)
※創刊準備第1号、第2号は大船駅東口の商店街を特集しました。街歩きに便利なMAPつき記事となっています。
Facebook https://www.facebook.com/ofuna.yoimachi/
Twitter @Ofuna_Yoimachi
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)