江の島への近道 湘南モノレール株式会社

湘南トライアングルをめぐる旅(2)

10時30分 絶品ピクニックランチを求めて


 目指すのはフレンチ・レストランとお総菜屋さん(デリ)が併設された「西鎌倉ニヨンマル」。そこでランチを買い、いかにも鎌倉らしい緑あふれる場所に移動して、ピクニックをしようというステキ計画である。
 坂道を5分ほど登ったところで、感じのよいお店を発見。なかに入ると、お惣菜やお弁当が、燦然と光り輝いているではないか。なんというか、そこらへんにあるお弁当屋さんやお惣菜屋さんとはまったくの別格! という感じで圧倒される。

P4270191.jpg
 お話を聞いてみると、シェフの西尾隆文さんは、過去にジュネーブやウィーンの大使公邸のシェフを計7年間も務めていたそう。おお、どうりで!
「じゃあ、このなかには大使公邸で出されていたお料理もあるんですね!」
「一部はそうですね。でも、近所にはご年配の方も多いので、鶏そぼろ弁当なんかもあるんですよ。他には、ホームパーティ用のお料理もあります」
 そう西尾夫妻が言う通り、惣菜コーナーのバラエティは無国籍。色々と目移りしながら、私はパエリヤとグリル・チキンとラタトゥイユ、I君はハンバーグ弁当、ナナオはスパゲティ・ナポリタンを選んだ。

P4270158.jpg



「ニヨンマルさん、うちの近所にも進出してこないかなー! 来たら私は毎日通う! あの商店街のあたりはどうだろうか」
 などと熱烈なラブコールを口にしながら、私たちは徒歩15分ほどの鎌倉広町緑地へ。48ヘクタールという広大な敷地を有する緑地で、HPには「カエルが鳴き、トンボが飛び交う、かつての里山風景を楽しむことができます」とあった。
 ナナオは、おおかたの子どもにもれず、生き物が大好きだ。しかし、東京の自宅周辺で出会えるのは、せいぜいアリンコとダンゴムシくらい。そこで、よっしゃ、せっかくだから珍しい動植物を見せてやろうじゃないか! という美しき親心あふれる企画である。
 ところが――。
 ようやく緑地にたどり着くぞ、やれやれ、という絶妙なタイミングで、娘は「あっ、すべりだい!」
と目を輝かせながらダッと走り、進路を大きく逸れていった。その先には全国で10万カ所くらい存在する、由緒正しき児童公園。
 ちょっと待った! あと2分も歩けば、すばらしい大自然が君を待っているんだよ! 2分だけ歩こう。 
 私たちは説得を試みたが、そのような長期的展望は「今」を全力で生きる3歳にはまるで響かず、全国で10万カ所くらい存在する滑り台のひとつで遊ぶという予想外の事態に陥ってしまった。
 なんとか10分ほどで娘を児童公園から引き剥がすと、ようやく鎌倉広町緑地に到着。目の前には芝生や田んぼ、山や森が広がっていて、娘も「うわーい!」と喜びの声をあげた。
 いいね、いいね、これこそが求めていた展開だよ。

11時30分 アリンコ探し


 パンフレットによれば、この緑地には富士山や相模湾が見える眺望スポット、そして湿地帯の散策コースもあり、ルートによっては七里ヶ浜まで歩いて抜けることも可能だそうだ。生き物も豊富で、ドジョウやカブトムシもいるらしい。
 さっそく私たちは敷地内を散策し始めた。

P4270222.jpg
「アリさんだ! ダンゴムシもいるかなあ!」
 娘は目を輝かせながら、地べたにペタリとしゃがみこんだ。
 娘よ......。なぜいまここでアリとダンゴムシなのか。
 大自然がキミを呼んでいるよ、こっちへおいで、と森の奥へと誘うが、娘は突如としてアリを捕まえることに全力投球しはじめ、まったく前に進もうとしない。
「アリさん、なんでおててのうえにのぼってきてくれないの!うえーん! パパ、はやくアリさん、つかまえてよー」

P4270216.jpg
 そう懇願されると、I君もなんとかアリンコを手にのせようと頑張り始めてしまう。私はもはや珍しい生き物も展望スポットも親心もどうでもよくなり、ひとりピクニックシートを広げた。
「おーい! ランチにしよう!」
 「西鎌倉ニヨンマル」で買ってきたランチはさすがで、普段は食が細いナナオもパクパクとよく食べる。なかでも私が気に入ったのは、ラタトゥイユ。いやあ、あれはフランス本場の味そのものです。一応フランスに6年間住んでいた私が、太鼓判を押させていただきます。
 いやあ、本当にうちの近所に進出してこないかなあ、ニヨンマルさん。

P4270241.jpg



 くつろいでいるともう13時、次なる目的地へと出発する時刻がやってきた。ここにきて娘が、「ナナ、あっちいく!」と森の奥に行きたそうな素ぶりを見せたので、「これからもっと楽しいことがあるよ」とI君が思わせぶりに告げる。
「えー? なに?」
 ふっふっふ、驚くなよ、この先にはさらなる狩猟採取の世界がまっているのだよ。   
 じゃーん!
「江の島に釣りをしにいこう!」(I君)
「魚釣り」といえば、お風呂場のおもちゃのことだと思い込んでいる娘に、本物の釣りをみせてやろうじゃないか、という美しき親心企画第二弾である。
「えー、やりたい!」とナナオも一気に前向きに。
 再び「空飛ぶ電車」に乗り込み、終点の「湘南江の島駅」で下車。すると、なぜかそこはビルの5階だったので、エレベータを使って地上に降りる。

P4270250.jpg
 突如として磯の香りが広がり、その先には江の島に向かう一本道がまっすぐに伸びていた。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
川内有緒ポートレート
川内有緒
趣味は旅とアートスポット巡りとD.I.Y.。いま小さな山間の集落に自作の小屋をつくっています。著作に『パリでメシを食う。』(幻冬舎)ほか。バングラデシュの吟遊詩人たちを追った「バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌」(幻冬舎)で新田次郎文学賞を受賞。東京の恵比寿でGallery and Shop山小屋を運営中。一児の母。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)