江の島への近道 湘南モノレール株式会社

開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅(2)

top.jpg

前回、湘南モノレールにあった、開業時の古写真のうち、前回は、食料品店「泉屋」を探しに行き、見事、その場所を探し当てた。

今回も、ライターの宮田さん、井上さんと私、西村。そして、湘南モノレールの池田さんとともに、モノレールの古写真からその場所を探し当てたい。

なにしてるんだろう?

さて、次に探し当てたい場所は、この場所だ。

02.jpg

交差点の上のモノレール。農地と空き地の広がるなかを、フューチャーの権化、モノレールが滑走している。モノレールの部分だけは、未来っぽいが、あくまで40年以上前の写真である。

あらためて写真をよく見てみる。

モノレールは、写真奥のすこし小高い丘になっているところにレールが伸びている。

レールや橋脚の右側は畑だろうか。道の両脇には看板が立っているが、プリントアウトした写真は解像度が荒く、文字が読み取れない。

そして、真ん中の自動車の横には、大きく体を折り曲げてお辞儀しているおじさん(おそらく)が写り込んでいる。

このおじさんは一体何をやっているのだろうか? ジョギング中に体操でもやっているのか? なんだか気になる。ひとまず、この写真は「立位体前屈」と命名した。

どこにあるのか?

03.jpgどこでしょうねここ

西村「ひとまず言えるのは、たぶんここ、交差点の上ですよね、十字路の上をモノレールのレールがあって、しかも後ろの方にちょっと小高い山か丘がある場所......」

宮田「大船から、今いる湘南深沢までくる間に、ちょっと小高い丘があったとおもいますけど、その向こう側に十字路の上を通過している場所がありましたよ」

井上「ひとまず、そこにむかってみましょう」

04.jpg湘南町屋駅にやってきました(左から、ライターの井上さん、宮田さん、湘南モノレール池田さん、撮影西村)

湘南町屋駅は、三菱電機の大きな工場があり、その最寄駅だが、駅全体がすこし小高い丘の上にあり、モノレールのレールはその丘を越えるように建てられている。

05.jpg湘南町屋駅から丘を下る

レールに沿って、大船方面に向かって歩くと、下り坂になっている。

立位体前屈の写真は、撮影者からみて、レールの右手に橋脚があり、下の道路は写真の奥に向かって上り坂になっているように見える。

したがって、湘南町屋駅から、大船方面に下った先にある交差点は、橋脚の位置、交差点と坂道の配置としては、矛盾がない。

06.jpg到着

「山崎」という交差点に到着した。

宮田「ここです、ほら、見比べてください。交差点に、橋脚、ぴったりですね」

井上「たしかに......ぴったりなんですけれど、なんだかちょっと違和感ありませんか?」

西村「どうも『ここだ!』という感じがしないですね......なんでだろう」

池田「建物ができて、雰囲気が違うからでしょうか」

しばらく「立位体前屈」の写真と、実際の風景を見比べるものの、やはり違和感が次第におおきくなってきた。

交差点の道の交わり方が、「立位体前屈」の方は直角に交わっているけれど、山崎の交差点は斜めに交わっているのだ。違和感の原因はそこにあることがわかってきた。

ということは、つまり「立位体前屈」の場所は、ここではない。捜査はふりだしにもどった。(一回いってみたかったセリフ)

高解像度で見てみたら

さて、まったっく手がかりがなくなってしまった。この写真。もういちど、写真に写り込んでいるものを詳しく見ていきたい。

プリントアウトした画像を目を凝らしてよく見てみると、橋脚の柱の上の方になにか文字がかいてあるのが見えてきた。

07.jpg
ぼやけててよくみえない

西村「橋脚の番号がわかれば、どこなのかすぐ分かるんですが、ぼやけててよく見えないですね......」

井上「34ですかね......数字はわかりますけど、その上がわかんないですね」

西村「スマホに入ってる解像度の高い写真、確認......します?」

08.jpg
「深西34」?

宮田「うーん、これは『深西34』ですね」

あっさり場所が特定されてしまった。「解像度の高い写真を確認する」というのは、なんだがちょっとインチキなような気もするが、別にルールを決めたわけではないので、なんら後ろめたいことは無いはずだ。

それはともかく......『深西34』ということは、湘南深沢駅と西鎌倉駅間にある34番の柱だ。

とりあえず、我々は、西鎌倉駅に向かった。

湘南深沢駅から、西鎌倉方面へ向かってトンネルを越えたすぐ後に、交差点の上を通過する箇所を車内からみつける。

09.jpgあっ

10.jpg今、交差点の上通りましたよ!

奥に山があって、坂道の下りきった場所にある交差点というぴったりの場所だ。

つい、車両のなかでうぉーと声をあげてしまう。

西鎌倉駅を降りた我々は、橋脚番号を確かめながら、さきほど車内から確認した交差点に向かう。

11.jpg橋脚の向きが逆ですね......

橋脚のついている向きが逆向きなのが気になったのだが......到着してみると。

12.jpgここだ!

橋脚は、この交差点から逆向きになっていた。比べるとたしかに道路と山の位置、レールの向きなどはピッタリだ。

橋脚番号を確認してみる。

13.jpg
深西34!

深西34。やはり当時と同じ。ここに間違いない。西鎌倉にある赤羽交差点が、正解の場所であった。

14.jpg

当時、野原だった場所には、ファミリーレストランができており、左側の雑木林だったところは、建物が建っている。

モノレール以外は森や雑木林、農地だったところが、40年の歳月でこれだけ変貌したのだ。

モノレールの開通によって、宅地開発が促進され、景色が様変わりするほどかわったものの、変貌のきっかけのひとつとなったモノレールは、逆に40年前と変わらずそこにあり続けている。皮肉といえば皮肉なんだろうけれど、そこがおもしろいところでもある。

せっかくなので立位体前屈を再現

あの橋脚は、40年以上もまえから、ここにずーっと立っているんだなあ。と考えると、なんだかしみじみとした思いがこみ上げてきそうになる。

ここまできたのなら、あの立位体前屈おじさんの真似をして記念写真を撮りたい。

15.jpg当時の再現写真をとります

16.JPGモノレール来た!

17.jpg......

18.jpg......

昔と違って、交通量がめちゃめちゃあるのでタイミングが難しい......。

19.JPGあ、来た!

どうか?

20.jpg
右が1970年頃、左が2017年

「立位体前屈」の写真は、西鎌倉の赤羽交差点あたりであることがわかった。

立位体前屈のおじさんは、たぶん......ジョギングかなにかをしていたのではないだろうか......。

いずれにせよ、古写真ふたつめもなんとか場所が判明した。

なお今後は、解像度の高い写真を見るのはOKということにしたい。

次回は「擁壁のある場所」です。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
西村まさゆき(続編)ポートレート
西村まさゆき(続編)
ライター。鳥取県倉吉市出身、東京都中央区在住。めずらしいのりものに乗ったり、地図で見た気になる場所に行ったり、辞書を集めたりしています。著作『ファミマ入店音の正式なタイトルは大盛況に決まりました』(笠倉出版社)ほか。移動好き。好物は海藻。
Twitter:https://twitter.com/tokyo26
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)