江の島への近道 湘南モノレール株式会社

サバンナドンツキ

湘南深沢駅をモノレールで初めて訪れた人にとって最初に受ける印象は、やけにだだっ広い、であろう。
路線の西側、大船駅から乗り合わせれば車窓の右側に広がるのは、見渡す限りの荒涼とした、雨天もあいまってその先が見えないほどのだだっ広い敷地であった。
ここが以前はJRの車両工場であったことは見聞きしてきており、住居・商業・行政施設が一体となった大規模な鎌倉市による再開発計画があるにはあるようだが、今のところまだ着手にはおよんでいないようだった。
宮田さんからは
「地元ではサバンナと呼ばれているそうですよ」
なるほどそうかもしれない。雨降ってるけど。

「えーみなさん」とまずひと息おいて、
「私たちは今からあのサバンナの先にあるドンツキに行きます。いわば『サバンナドンツキ』ですね」
湘南深沢駅から、この車両工場跡地を敷地外周沿いにただひたすらにほぼ半周歩いて、駅からはほぼ反対側にあたるドンツキを目指す。片道だけで1キロ近くはある。
「そこにいたるまで他にドンツキはいっさいございません。ひたすら歩くだけです」
ふだんドンツキクエストを主催している中で、不安になってくるのはこういった場面である。
日本全国、たいていの町ならばどこかにドンツキはあるもの。しかしよほどドンツキに恵まれた町でなければ、ドンツキを渡り歩く中で空白区間となる、ドンツキの無い箇所はどうしても存在する。
長い距離歩けば体力も消耗するし、そのドンツキでさえ、参加者に心から楽しんでいただけているかはわからない。

ドンツキ (7).jpg
サバンナドンツキ


そしてようやくたどり着いたドンツキは、鎌倉市の青果市場や自動車整備工場を抜けた奥にあり、さいごはJR車両工場跡地で突き当たっていた。跡地とはフェンスで遮られており、我々のいるドンツキ側からはフェンス越しに跡地のサバンナが一望できる。

ドンツキ (8).jpgサバンナドンツキからの眺め


ドンツキは一般的に路地の奥地にあって、建物に挟まれたやや日の当たりにくい空間であることが多い。その点ここは空が広く開放的で、明るさを感じさせるドンツキであった。
やや雨が弱まると、サバンナの先にはモノレールの高架橋が見え、サファリパークの上空をモノレールが横切るような、異質な風景を望むことができた。
最近では私どもの中ではこの、行き止まりの先にさらに展望が開けるタイプが好評で、「スケルトン型」と呼んで珍重しているが、その理由についてヤスシコーチ理事には一説あるらしく、
「ミニ四駆ってあるじゃないですか。最初は爆発的に売れてたけど、そのうち飽きられて売れ行きが落ちてくると、次に出すのが同じ型だけど本体が透明なだったりして。第二弾とか後継機で出てくるのってこういうスケルトンなんですよきっと」とのこと。
ああだから普通のドンツキに慣れている我々には新鮮なんだねぇ。
ひたすら歩いて来た甲斐もあってこちらのドンツキは一行に好評で、隣接する青果市場内には昼食のとれるハワイアンレストランもあり、木村理事からも
「サバンナの先にオアシスを見ている気分。ストーリー仕立てのようで良くできている」
とのこと。
車両工場跡地の再開発が始まるころには失われるであろうサバンナドンツキ、訪れるならばおはやいうちに。そのときはぜひモノレール駅から歩いて来てみよう。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキ協会
東京の下町、墨田区向島でまちに数多く存在する行き止まりの道、すなわちドンツキをまちの個性として捉え、その観察・研究また表現活動により、ドンツキと徹底的に向き合い、関わり合いながら、ドンツキの地位向上に努めることを主旨としています。
ドンツキを巡るツアー「ドンツキクエスト」のほか、ドンツキを活用したイベントを不定期に開催。「タモリ倶楽部」「アド街ック天国」ほかテレビ・新聞・ラジオ等にも多数出演。
ドンツキ協会 
http://dontsuki.wordpress.com
http://www.facebook.com/dontsuki
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)