江の島への近道 湘南モノレール株式会社

プロローグ

「湘南モノレールに乗りに行かないか?」

高校時代の同級生からメールが届いた。その友人とは最近SNSを介してネット上で再会し、30年ぶりにお互いの近況をやり取りするに至った。最初に彼からメールが届いたのは、昨年に自分があるTV番組に「谷を偏愛する地形マニアの変人」として出演し、本名が晒されてしまったのがきっかけだ。彼とは高校時代に同じ鉄道研究会に所属し、当時流行っていたフォークギターを一緒に練習したりした。「建物の設計をやりたい」という漠然とした夢を話し合った気もする。そんな彼とバーチャルな再会は果たせたが、これまで特に会う機会はなかった。

地元群馬県で起業した建築設計事務所の経営も軌道に乗り、子供も大学へと進学したため時間的にもゆとりが持てるようになったのだろう。大好きだった鉄道趣味に近年ふたたびのめり込んでいるらしい。鉄道好きには「乗り鉄」や「撮り鉄」「旅鉄」など様々なジャンルがあるが、鉄道研究会車両班だった彼は今「乗り鉄」に分類されるだろう。全国各地のめずらしい鉄道に乗った体験記を自慢気にSNSに投稿していた。ちなみに自分は鉄道研究会の廃線跡班に所属、班員は自分を入れ2人だけだった。廃線跡探索は高貴な大人の趣味なのだ。分かる高校生が少ないのは仕方ない。

「乗り鉄」の彼からのメールは、群馬から仕事で上京するついでに湘南モノレールに乗ってみたいというお誘いだった。グンマー(群馬県民)にとって「湘南」は一人では行きにくい土地なのであろう。いいよ、とメールで伝えたら、調子に乗って電話をかけてきやがった。

「今度、つき合ってくれるん?」

「ああ。自分も乗ったことないけど、何処と何処を結ぶ路線だっけ?」

「大船と江の島。有名な路線だんべ。マニアじゃなくてもみんな知ってるんさ。それでも鉄ちゃんなん?」

画像1.jpg湘南モノレール周辺の地形図(カシミール3Dを使って作成)。平野や丘陵など複雑な凸凹地形を縫うように、湘南モノレールの軌道が築かれている様子がよく分かる

群馬弁にムカついたが、確かに大船駅でモノレールの桁を見た気がする。何よりも大船や鎌倉といえば、「谷戸」と呼ばれる自分が大好きな谷地形が多いことを思い出した。通常の鉄道よりもモノレールの場合、起伏ある地形に寄り添うよう従順に建設されているはずだ。どのように起伏ある地形と折り合いをつけ、戯れているのか、ふつふつと興味が湧いてきた。電話口での間が空いたため、念のため聞いてみた。

「江の島へ行くなら、小田急なら新宿から一本だし、鎌倉から江ノ電に乗るのも観光気分を味わえて楽しいかもよ」

「今回は湘南モノレールを乗るのが目的なんさね。それに小田急は何となく都会の路線ぽくて敷居が高いし。鎌倉経由は遠慮するよ。上州新田郡から馳せ参じると鎌倉市内で斬りつけられるかもしれないから(笑)」

たしかに小田急線や田園都市線はグンマーにとっては憧れの路線であるとともに、都会的なイメージでハードルが高い(それに比べ東武線や西武線はどこか親近感があってよろしい)。しかし鎌倉を避ける理由は理解しがたい。鎌倉幕府を滅ぼした新田義貞のことを恨みに思う鎌倉の人は少ないだろう。そもそも新田義貞の故郷が群馬県旧新田郡だなんて知る人は少ないに違いない。

「やっぱ湘南モノレールに乗るのが目的なんだね。大船までどうやって来るの?」

「今は高崎線が上野東京ラインや湘南新宿ラインで乗り換えなしで大船まで直通運転なんさ。それでも鉄ちゃんなん??」

田舎者の知ったかぶりにまたムカついた。グンマーを東京圏へと大量に移送する高崎線はやはり上野を終点にすべきだ。が、まあ大目に見て湘南モノレールの大船駅改札で待ち合わせることにした。妻を誘ってみたが、「グンマー」「鉄ちゃん」「オタク」というワードに過剰反応し、あっさりと断られてしまった。朝、愛犬の顔を拭き忘れたのも影響したのかもしれない。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
皆川典久ポートレート
皆川典久
東京スリバチ学会 会長
上州の田舎町から憧れの東京に就職で上京し、「東京人」にバカにされないようにと歩き回っていたら、都心には谷間や窪地が多いことに気づく。自分にとっては不思議に思えた谷間や窪地をその第一印象から「スリバチ」と勝手に名付け、東京スリバチ学会を設立したのが2003年。以来、地形好きな変人たちを誘ってフィールドワークと記録を続けている。2012年に『凹凸を楽しむ東京「スリバチ」地形散歩』(洋泉社)を上梓。自分と同類の地形マニアが意外にも多いことに勇気づけられ現在に至る。合言葉は「下を向いて歩こう」。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)