江の島への近道 湘南モノレール株式会社

青蓮寺(しょうれんじ)

「鎌倉のお寺に奈良のゆるキャラ、せんとくんの兄弟がいるらしい」という噂にあるお寺とは、西鎌倉駅から徒歩10分ほどにある「青蓮寺」です。正式名称は「飯盛山仁王院青蓮寺(はんじょうざん におういん しょうれんじ)」。本堂に祀られている弘法大師像は、膝などの関節が鎖で動くとても珍しいもので、国の重要文化財に指定されています。これに由来して、青蓮寺は「鎖大使(くさりたいし)」とも呼ばれています。お寺の目の前にあるバス停も「鎖大使」なので、地元の方にとってはこちらのほうが馴染みがある呼び方かもしれませんね。

001_01.JPG
青蓮寺(通称鎖大師)。

001_03.JPG
本堂にある弘法大師像は、年に数回の御開帳時のみお目にかかることができる。

いぼの治癒に験があるとされる「椿地蔵(通称いぼ地蔵)」も、この界隈では昔から親しまれているお地蔵さんです。数年前までは他の場所(「手広」交差点そば、現在ラーメン店がある付近の角地)にありましたが、青蓮寺に引っ越してきました。いぼのような?コロコロした丸い石がたくさんお供えしてあります。

001_04.jpg
椿地蔵(通称いぼ地蔵)。

椿地蔵の裏手には池があり、その奥に広がるのは「飯盛山」。青蓮寺にはこんな言い伝えがあるそうです。

『その昔、弘法大使が山(飯盛山)で修行中、美しい天女(江の島の弁天様)が現れて力を貸してくれました。無事に修行を終えると、天女は一粒の仏舎利を託して池に姿を消してしまいました。その翌朝、弘法大使が目を覚ますと、池には見事な青い蓮の花が一面に咲き誇っていました』

これが青蓮寺というお寺の名前の由来でもあるのでしょう。

池の奥には山へと向かう入口があります。山中のところどころに石仏があり、お参りすることが出来ます。

001_05.jpg
池の奥にある山へと向かう入口。

001_06.JPG
山の頂上付近にある「弘法大師護摩修行之霊場」と書かれた碑。弘法大師が護摩を焚いたとされる場所。

さて、境内に戻り、いよいよせんとくんの兄弟です。

001_07.jpg
青蓮寺動物供養墓のご本尊「伐折羅(ばさら)童子」。

せんとくんの兄弟と噂があるのも納得、これはせんとくんの生みの親である彫刻家、籔内佐斗司(やぶうちさとし)氏が考案・制作した像なのです。右手に持つ剣は「仏の智慧」を表し、左手に持つのは「願いを叶える宝珠」とのこと。動物供養墓のご本尊なので、像の周りを小さな犬・猫・鳥・魚が囲んでいます。

001_08.jpg
五輪塔童子。

籔内氏によるものとしては他にも「五輪塔童子」があり、それぞれ金運、健康運、勝負運、出会い運、恋愛運をもたらすとされています。優しく触れながらお願い事をすると願いが叶うそうです。

001_09.jpg
ずらりと並ぶ。みんな違う。

001_010.JPG
春の様子。

001_011.JPG
秋には紅葉が見事。

境内は四季折々の花も楽しめ、池にはコイやカメの姿もみられます。お散歩がてら訪れてみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------
モノ散歩-湘南モノレール「西鎌倉駅」から徒歩12分
「青蓮寺」
http://kusaridaishi.jp/
神奈川県鎌倉市手広5-1-8

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
湘南モノレールが沿線の知られざる魅力を紹介します。
駅からノラーリ・クラーリと歩き出せば、必ず見つかる魅惑のスポット。
モノ散歩の世界へようこそ。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)