江の島への近道 湘南モノレール株式会社

空飛ぶ車両は楽しい

 モノレールの形式をざっくり分けると、軌道から車両がぶら下がる「懸垂式」と、軌道の上に車両がまたがる「跨座式」の2種類になる。湘南モノレールを含む懸垂式は少数派だ。でも、足下がスカスカでちょっと不安になる車両の姿や乗車時の揺れも含めた空中浮遊感は、圧倒的な魅力をもたらしている。それはつまり、道路を走るバスや線路の上を走る電車など、僕たちが常識として理解している乗り物にはない非日常性だ。少し前の時代の未来を見るような懐かしさもあり、その愛くるしさにはついついニヤニヤしてしまう。

hachima-1+.jpg懸垂式の湘南モノレールは、軌道からぶら下がっているがゆえの魅力が満載

 懸垂式は軌道桁の中に車軸やモーターなどの駆動部が位置するので、天候に左右されにくく、騒音が少なく済んで感電の危険性も低い。さらに、重心が軌道よりも低いために速度が高くても安定しやすいなど、安全面は得意分野だ。そしてなにより、車両がかわいらしく見えることは見逃せない。床下に駆動部がある跨座式と比べると、そのコンパクトさは顕著に感じられるだろう。

hachima-2.jpg跨座式で2両編成の沖縄都市モノレールの車両もかわいいけど、よく見ると全体的にずんぐりしていて大きい

 もちろんその一方で、デメリットもある。駆動部が入る軌道桁は大きくなるばかりか、下面が閉じた堅牢な箱にできないがゆえに、補強のためのリブという縦向きの細い部材が桁の外側に出現することが一般的だ。つまり、ちょっと鬱陶しい見た目になりやすい。さらに、桁を空中に渡すための軌道支柱や基礎も含めて、構造物全体の規模がどうしても大きくなる。しかも、各所に複雑な細工を要するために、コンクリートではなく鋼材が使われることが多い。その結果、輸送の役割に比べると大げさに見えるし、建設コストや維持管理コストは高い方向に振れやすい。逆に駅のホームが低くできることはメリットになるけれど。

 このようなメリットとデメリットの両方をある程度知っておくと、構造物を眺めたときの感激の質が向上した気分になる。その快感が土木構造物鑑賞の第一歩だ。

hachima-3.jpghachima-4.jpg懸垂式の千葉都市モノレールと跨座式の沖縄都市モノレールを見比べると、形式の違いによる構造物の規模が理解しやすい

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
八馬智ポートレート
八馬智
都市鑑賞者/景観デザイン研究者。地域の成り立ちを理解するために様々なインフラストラクチャーを訪ね歩いているうちに、趣味と仕事の区別がつかなくなってしまい困っている。
千葉工業大学創造工学部デザイン科学科教授。著書に『ヨーロッパのドボクを見に行こう』(自由国民社、2015)がある。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)