江の島への近道 湘南モノレール株式会社

大船で飲む

 六時半。暗くなってそこを出たすぐ先は煌々と明るく、八百屋、魚屋、お総菜屋などが道いっぱいに並べて本日最後の売り出しだ。タオル鉢巻きの魚屋が発泡スチロールの蓋に刺身トレイを三つ並べ「さーこれで1000円、1000円」と威勢よく、惣菜屋の〈大盛り天ぷらセット海老入り〉500円は、「最後だから400円!」になり、以上で家族五人の夕飯は充分だ。花屋は白い紙で包んだ花束がずらり。「500円が350円でーす」に女性がどれにしようかと見較べる。奥の肉屋は私でもわかる上等な牛肉が信じられない格安で客が絶えず、買って帰ろうかなあと真剣に迷う。

05夜の小市場_bokeh.jpg
夜の小市場

 その小市場を抜けた大船仲通り商店街は飲食店がぎっしりだ。「名物!ペラペラ焼と川崎喰いのお店 鮮度命 大船ホルモンセンター」は満員。立ち飲みが多く、古そうな「鎌倉飯店」向かいの「立ち呑み処 まるま」に入った。

06大船ホルモンセンター_bokeh.jpg
大船ホルモンセンター


07「立ち呑み処 まるま」.jpg
「立ち呑み処 まるま」

 奥に数人が立ち飲み。カウンターのガラスケースにはいろんな小鉢が並ぶ。品書き札、揚げギョーザ、目光の天麩羅、ベーコンエッグ、真いわし刺、豚ハツ串焼などある中の〈いか醤油漬け焼〉というのがうまそうだ。大根、はんぺん、厚あげなど〈本日のおでん 2コで150円〉。〈組み合わせ自由 2本で250円〉はしゅうまい、にんにく、鶏つくね、チョリソ......。その中に、お、〈ちくわ磯辺揚げ〉がある。これこそは大衆居酒屋にしかない「必ずうまいもの」。生ビールを飲むうちに届いたそれは二つ割り四本が重なり、青海苔たっぷりのからりとした揚がりは過去最高の旨さ。そう思って見ると客前に置いた肴はどれも丁寧で、奥の厨房では本格の仕事がされているのがよくわかり、これだけのレパートリー広い品が券売機で買う200円、300円とは全く申し訳ない。

08「まるま」のカウンターと〈ちくわ磯辺揚げ〉.jpg
「まるま」のカウンターと〈ちくわ磯辺揚げ〉

 黒豆石洗い出しの床に、天然木肌のカウンターがすばらしい。同じ材を使う、入口脇のここだけは座れる四人掛け極小L字カウンターは仲間との一杯に良さそうだ。開け放った玄関に隣客の煙草の煙がいやではない。身なり良い中年カップルは、大げさな店なんか行かず、ここでいいよという風情がかえって知的だ。もの静かで落ち着いた店の雰囲気は本格バーと同じ。ただし格安、しかし仕事は最高。肩に黒デイパックの優秀そうな会社員が気負わず一杯ひっかけ、主人と少し言葉を交わして帰ってゆくのは、酔っ払いがたむろする立ち飲みとはちがう品格がある。午前中から開いているというが、これはよい店を知った。

09「まるま」入口の小座席.jpg
「まるま」入口の小座席

 初めて来た大船は、横浜のおしゃれ、鎌倉の文学好みとは違う、あくまで庶民派の活気と誠実があった。似顔絵入り「大船ヨイマチ新聞」は地元愛に満ちた「大船大座談会」がいい。こういう自主新聞が発行される町は必ず良い町だ。ここに住む人がうらやましいなあと思いながら、帰りの電車に乗ったことでした。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
太田和彦ポートレート
太田和彦
1946年生まれ。デザイナー/作家。著書『居酒屋百名山』 『居酒屋を極める』 『日本の居酒屋——その県民性』『居酒屋吟月の物語』『みんな酒場で大きくなった』など多数。テレビBS11局「太田和彦のふらり旅いい酒いい肴」ロングラン出演中。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)