江の島への近道 湘南モノレール株式会社

大船で飲む

 大船を訪ねる前に湘南モノレールに乗ってみたくて、「湘南江ノ島」駅から乗車した。
 モノレールは浜松町・羽田間を結ぶ東京モノレールのような、一本レールを車両がまたぐ「跨座式」と、そこにぶら下がる「懸垂式」があり、湘南モノレールは懸垂式。ホームは駅ビルの高いところにあり、逆台形に下が細いスマートな車両は、男の子が喜びそうだ。

 やがて発車。普通電車とちがい車両は宙に浮いてロープウェイのようでもある。地上高く景色を見下ろして走るのはなんとなく大らかな気分にさせる。揺れは電車と変わらず、座らずに立つ人もいる。

 しばらく走るうちに、江ノ島=大船間は、山間の高低差がはげしく連続し、眼下の車の走る道路はくねくね曲がった急激なアップダウンばかりで、この地面にレールを敷くのは到底無理。したがって、軌道を支える柱の高さを変えるだけで水平運行ができるモノレールこそ可能にしたのだとわかった。また空中を走るので、踏切りや地下道などの地上交通に全く影響ない。遠くから見る空に延びる軌道はきっとわが道を行くマイウエイだろう。

     *

 大船に来たのはずばり「居酒屋探訪」だ。日本中の居酒屋を飲み歩くのをライフワークとするバカな私は、その町の特徴は居酒屋に表われるが持論。さて大船は----

 モノレールとJRが並ぶ大きな駅を適当に東口に降りたすぐ前は駅前広場もなく、いきなり横長に何百メートルも飲み屋やパチンコ屋がえんえんと続く。友人から大船の居酒屋なら「鳥恵」と聞いてきて、その地図もあるが、絶望的方向音痴の私はひるんだ。

 しかし歩かねば始まらない。中の商店街は居酒屋や食堂、ワインバー、イタリア酒場などが縦にも横にも頭上にも詰まる大居酒屋地帯。探すこと二〇分。今どこにいるかもわからなくなり立ち尽くすと、ちょうど建物から男の人が出て来た。
 「あのうすみません、鳥恵に行きたいんですが」
 「ああ、鳥恵ね」
 知ってる。大船では有名なんだ。ここは全然見当違いで、「この道をずっと真っすぐ」と指さし、「向こうの八百屋の先、大きな酒屋を右」と教えてくれた。
 やれうれしや、有り難うございますと足早に行くと二〇数人の行列が。
 「あのうこれは鳥恵の列ですか?」
 「そうです」
 人気店なんだ。店の入口はまことに目立たないが、隣は大きな「鶏肉専門店 鳥恵」で活気がある。五時になり順番に入店。「何名様?」「六人」「じゃ奥へ」とやりとりあり、一人の私は入ったすぐの長いカウンター席に案内された。

 へえ、こういう店か。初めての店は興味がわくけれど、二〇数人がいっせいに注文するのに出遅れてはならじ。客は皆常連らしく「ご入店順に注文うかがいます」と言う店員に「あれとあれとあれ、これは二人前一緒盛り、焼酎芋お湯割り、こっちはウーロン茶」とすらすらよどみなく、「オレは最初はいつもこれ」と決めているらしい高年男は七つもある納豆料理から選んだ〈納豆キムチ〉をエイヤとかき混ぜている。

 焦る気持ちで見上げた正面の黒板は、〈まぐろ中トロ・赤身〉を筆頭に〈活〉として〈イサキ・しまあじ・かんぱち・平目・真ダイ〉など刺身。〈活〉は注文を受けてから魚を捌く。続いて〈太刀魚あぶり・新サンマ・真イワシ・沖ボラ・しらうお・キビナゴ・甘海老・真ダコ〉刺身。さらに下には〈あなご天・キス天・ハゼ天・メゴチ天〉など天ぷらもたっぷりで、これはレベルの高い店だと座り直す(その必要ないですが)。

01「鳥恵」の黒板.jpg「鳥恵」の黒板

 私は鯵に目がない大の「鯵っ食い」。魚と貝の刺身組み合わせは注文定番だ。
 「あじ活造りとタイラ貝」
 「すみませんタイラ貝終わりました」
 ええ! まだ開店して五分だよ。ここの客はよく知ってるな、これはイカン。
 「じゃ赤貝、それと酒、白露垂珠」
 酒好きの私は入るなり〈山形県 白露垂珠66無濾過純米ひやおろし 1ぱい790円〉の貼紙を見ていた。「あと中生」と頼んだビールをぐーっと飲み干し、お通し小鉢の、つみれ・筍・椎茸・人参・隠元などの煮物に箸を。

 男女大勢の店員はてきぱきと動き、髪をポニーテールにまとめた若い娘さんの胸の札「研修中」がいい。すでに満杯になったカウンターの私の隣は、母娘の女性二人連れ。「お待たせしました」と届いた、角皿に松の樹を飾った派手な盛りつけの〈あじ活造り〉はそちらもご一緒で、「同じですね」と笑い合う。さあこれには酒だ。一升瓶から注ぐ名酒「白露垂珠」は浅い塗り枡になみなみとあふれさす。
 ツイー......
 うまいのう、歯に沁みとおる白珠の......と一人満足していると隣の女性が「あのう、それおいしいですか」と声をかけてきた。ではとひとくち味見いただくと目を輝かし、「私もこれ」と手を上げた。

02「鳥恵」の〈あじ活造り〉.jpg
「鳥恵」の〈あじ活造り〉

 今が時期の鯵はすっきりと力があってたいへん良く、これで680円は超安だ。名酒と名肴が並んだ。
 お隣にタイラ貝が届き、「それ僕のときは終わってました」と余計なひと言に「どうぞどうぞ箸のばしてください」と恐縮され、かえって恐縮。「では私の赤貝と分け合いましょう」「ええそれと迷ったんです」に互いに苦笑。帆掛けに仕立てた鯵の中骨を揚げた骨せんべいに「これが楽しみで」とまた女性が笑う。お母さんもそっと白露垂珠を口にして「おいしいお酒ね」とうなずいている。御年八十一、戸塚から時々ここにお連れするそうだ。

03〈あじ活造り〉の骨せんべい.jpg
〈あじ活造り〉の骨せんべい

 老母と娘が一緒に来られる居酒屋は健全だ。カウンター端から左へ折れる角は焼鳥のガラスケースと煙を上げる焼き台。その奥は広い小上がり座敷で、昼ウォークを終えたらしい中年グループが愉快そうに飲んでいる。質高い魚、超良心値段、安心感あるサービス。これは行列するわけだ。焼鳥もおいしく、「大船の居酒屋なら、まず鳥恵」はその通りだった。(つづく)

04「鳥恵」の小上がり座敷_bokeh.jpg「鳥恵」の小上がり座敷

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
太田和彦ポートレート
太田和彦
1946年生まれ。デザイナー/作家。著書『居酒屋百名山』 『居酒屋を極める』 『日本の居酒屋——その県民性』『居酒屋吟月の物語』『みんな酒場で大きくなった』など多数。テレビBS11局「太田和彦のふらり旅いい酒いい肴」ロングラン出演中。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)