300系

300形

昭和45年3月開業と同時に登場。
昭和50年2月に3両編成が運行開始。
平成4年に引退。
マイルドな揺れと丸みを帯びた滑らかな車体のラインが好評でファンも多かった。


300形 主要諸元表

※ 横にスクロールすると表がご覧になれます。
項目 Mc1車 M3車 Mc2車 3両編成
編成 M1車+M3車+M2車による3両固定編成
乗客数(人) 座席 48 44 48 140
定員 104 97 104 305
満員 162 149 162 473
重量(t) 自重 17 17.125 17 51.125
定員時 22.72 22.460 22.72 67.90
満員時 25.19 25.32 25.91 77.14
主要寸法(mm) 車体最大長さ 13.000 12.750 13.000
車体最大幅 2.650 2.650 2.650
車体最大高さ 3.136 3.136 3.136
台車最大長さ 4,180 4,180 4,180
台車最大巾 1,390 1,390 1,390
台車最大高さ 1,170 1,170 1,170
ボギー中心間距離 7,650 7,650 7,650
駆動車輪中心間距 前後 1,500 1,500 1,500
左右 840 840 840
案内車輪中心間距離 前後 3,240 3,290 3,240
左右 922 875 922
連結面間距離 40,150(2両編成26,900)
駆動車輪径 1,051 1,054 1,051(無負荷重時)
案内車輪径 490 537 490(無負荷重時)
電気方式 主回路 DC1500V
補助回路 DC1500V、DC100V、AC100V
制御回路 DC100V、DC24V
電車1編成の性能 主電動機個数 12
1時間定格出力 55kW×12=660kW
最高運転速度 75km/h
加速度 4km/h/s
減速度 常用 4km/h/s
  非常 4.5km/h/s
歯車比 9.225
制御方式 主電動機12台総括制御、直並列弱界磁制御、 電空併用ブレーキ制御
ブレーキ方式 HSC-D型電空併用駐車ブレーキ
台車形式 ゴム車輪独立車輪方式
車体構造 アルミ合金製

【2両編成】

車種 全アルミニウム合金製 懸垂式モノレール 2両永久連結 電動制御客車
形式 300形(Mc1) 300形(Mc2)
車号及び製造年月日 311(S46-1) 312(S46-1)
車体 車体構造 全アルミニウム合金製半張殻構造
製造会社 三菱重工業(株)三原製作所
自重(t) 16.68 16.68
定員 定員(人) 104 104
座席(人) 48 48
最大寸法 長さ(mm) 13,450 13,450
幅(mm) 2,650 2,650
高さ(mm) 4,700 4,700
客室寸法 長さ(mm) 11,635 11,635
幅(mm) 2,270 2,270
高さ(mm) 2,000 2,000
車体下面から走行軌道面まで(mm) 3,682
ボギー中心間距離(mm) 8,450
固定輪軸間距離(mm) 1,500
車輪 案内車輪 ナイロンコード入ゴムタイヤ
直径490mm 空気圧8.0kg/cm2
  駆動車輪 スチールコード入ゴムタイヤ
直径1,051mm 空気圧9.0kg/cm2
駆動輪一対の中心距離(mm) 840
駆動装置 構造 差動歯車付 2段減速 直角駆動方式
歯車比 1:9.225
車軸の構造 インボリュートスプライン付きねじり軸
台車の構造 4軸ボギー台車ゴムタイヤ独立車輪方式
懸垂装置 振り子支持方式
台車、懸垂装置、製造会社 三菱重工業(株)三原製作所
バネの構造 空気バネ
連結器 種類  
軌道面より中心までの高さ(mm) 987
電動機 形式 直流直巻補極付
出力、電圧、電流 55kW、340V、185A
製造会社 三菱電機(株)伊丹製作所
灯装置 蛍光灯および白熱灯
暖房装置 アルミカ電熱器 450w
換気装置 ラインデリヤおよび換気扇
制動装置 種類 電空併用電磁直通ブレーキ
装置 HSC-D型
制動機の構造 複動式シリンダー レジン制輪子
電動空気圧縮機 ロータリー形電動空気圧縮機
制御装置 種類 直並列弱め界磁発電ブレーキ
制御方式 主電動機 8台 総括制御
主制御器形式 CB-19C-1
製造会社 三菱電機(株)伊丹製作所
電源装置 MG 種類 閉鎖自己通風型
電動機 出力5.7kW 電圧1,500V 電流3.8A
発電機 出力3.5kW 電圧AC100V 電流20.2A
周波数 60Hz
回転数 3,600rpm
製造会社 三菱電機(株)伊丹製作所
蓄電池 アルカリ蓄電池 DC100V5Ah
集電装置 (正)(負)特殊パンタグラフ
保安装置 非常脱出装置 救助袋
通信装置 150MHz 超短波無線電話
ATS装置 連続ループ方式
検知装置 駆動車輪パンク検知、案内車輪パンク検知、 空気バネパンク検知、車体傾斜検知
放送装置 電源100V 電流1A 出力3W 周波数300〜500Hz
保護、補助車輪 駆動タイヤがパンクした場合、保護車輪 (ソリッドゴム車輪)
案内タイヤがパンクした場合 補助車輪(金属車輪)
安全鋼索 台車と車体が分離したときの補助 30Ф
駐車ブレーキ装置 バネブレーキ機構